超新星ソンジェの日本ソロアルバム、オリコン日間チャートで3位にランクイン

article (2)

人気アイドルグループ超新星ソンジェが、日本でのソロ活動を順調にスタートした。
11日午前オリコンスタイルによると、10日に発売された超新星ソンジェの日本ソロアルバム「It’s Time」は、1万3366枚の販売高を記録して発売と同時にオリコンの日間チャートで3位に進入した。
このアルバムはソンジェのソロデビューのフルアルバムで、自身の名前をかけただけに有名なスタッフとともに作業を進めた。

BEAST、BTOBと作業した作曲家イム・サンヒョク、MAMAMOOの担当作曲家のパク・ウサンがトラック作業に参加し、Girl‘s Day、K.will、Leessangと作業したキム・ジョンワン監督がメガホンを取った。
ソンジェも自作曲を収録してアルバムに対する情熱を見せた。特にミディアムテンポのバラード「ありがとう」は、2年の間変わらず自身を待ってくれたファンに送る思いを盛り込んだ曲で、「BLIND」とともにダブルタイトル曲に選ばれた。

「BLIND」は、日本TVのバラエティ番組の「ダウンタウンDX」のエンディングテーマとして収録されて注目された。
またソンジェは、東京、名古屋、川崎でのアルバムプロモーションを通してファンと対面する。

2016.08.11

blank