女優パク・シネ主演「ドクターズ」、ドラマ手術シーンでの”ネイルアート”に視聴者「不快感」

女優パク・シネ主演「ドクターズ」、ドラマ手術シーンでの”ネイルアート”に視聴者「不快感」

韓国女優パク・シネ(26)が、ドラマ「ドクターズ」での”ネイルアート物議”に謝罪した。

パク・シネは10日、自身のInstagramにネイルアートをすべて外した状態の手を画像で掲載し、「残りの4話、適切な爪であいさつします。私のコンプレックスを隠そうと選択した決定が、視聴者の皆さまに不快感を与えてしまったと考え、(ネイルを)外しました。申し訳ありませんでした」と謝罪文を載せた。

これを前にパク・シネは、現在放送中のSBS月火ドラマ「ドクターズ」での手術シーンで、ネイルアートを施した爪が画面に映り、視聴者から「不適切だ」との指摘が寄せられていた。

WOW!korea提供

2016.08.10

blank