俳優ソ・イングク主演ドラマ「38師機動隊」、ケーブルドラマの歴史を変えた

201608070731774230_57a6683779caf

「38師機動隊」がOCNチャンネルの自体最高視聴率で終映し、ケーブルドラマの歴史をまた新しく書き変えた。
6日に放送されたOCNドラマ「38師機動隊」の最終話は、ケーブル、衛星、IPTVが統合された有料プラットホーム家具の視聴率が平均5.9%、最高6.8%を記録して有終の美を飾った。
これは、毎週更新して来たOCNオリジナルの自体最高視聴率を再度更新した記録だ。ターゲット視聴率(男女25-49歳)も、平均4.4%、最高5.2%を記録して同時間帯で1位を果たした。特に女性40代では平均7%、最高8.1%を越えてその人気を証明した。(ニールスンコリア、全国基準)

この日放映された「38師機動隊」の最終話には、ヤン・ジョンド(ソ・イングク)とペク・ソンイル(マ・ドンソク)の最後の目標だったチェ・チォル(イ・ホジェ)に対する通快な復讐劇が披露された。この過程でドラマ「悪いやつら」のウンチョル(マ・ドンソク)が登場して意外な笑いをプレゼントした。
税金取り立て担当の公務員と詐欺師が強力して、不法な手段で富を蓄積した脱税の常習犯である悪徳滞納者から税金を取り立てるというストーリーを扱った「38師機動隊」は、開始から「悪いやつら」のハン・ジョンフン脚本家とハン・ドンファ監督の出会いで注目された。

初放送以来、毎週激しい上昇気流に乗ってOCN開局以来最高の視聴率を記録し、息苦しいほどの現実に耐える視聴者の趣向を狙い撃ちしてこの夏一番凉しいドラマだったと評価された。
また、「38師機動隊」は12日午後11時のスペシャル放送で最後に視聴者を訪ねる予定だ。

2016.08.07

blank