FTISLAND、きょうで6thアルバムのプロモーション終了

FT560人気バンド「FTISLAND」が今夏をロックで熱くし、3週間の韓国での活動を大盛況にうちに締めくくる。

先月18日、6thアルバム「Where's the truth」でカムバックした「FTISLAND」は7日午後、SBS「人気歌謡」のステージをもって、プロモーション活動を終える。

1年4か月ぶりに全曲自作アルバムカムバックした「FTISLAND」は「5thアルバムに続き、僕たちの作った音楽が収録された今回のアルバムが、「FTISLAND」の本当の2ndアルバムだと思う」とプロデュース、作詞、作曲などメンバーがアルバム全般に関わった6thアルバムに格別な愛情を示した。

「FTISLAND」はカムバック1週目、イ・ホンギが作詞、作曲したタイトル曲「Take Me Now」がSBS MTV「THE SHOW」で1位を獲得するなど、冷めやらぬ人気を証明。また、米国ビルボードのワールドアルバムチャートTOP 5にランクイン。「今回のアルバムを通じて、「FTISLAND」は吸引力のある強烈なサウンドで、ハードロックバンドであることを証明したのはもちろん、『Mask』『Wonderful Life』『We Are…』などよりポップなムードの収録曲で、音楽的な多様性を見せた」と称され、バンドのアイデンティティーを確固たるものにした。

「FTISLAND」は7日午後7時、ソウル市清潭洞のイルジアートホールで、ファンミーティングを開催。ファンと触れ合い、アルバム活動の最後を有意義に締めくくる予定だ。
WoW!Korea提供

2016.08.07

blank