ドラマ「猟奇的な彼女」ヒロイン役に決定していた女優が突然の降板

ドラマ「猟奇的な彼女」ヒロイン役に決定していた女優が突然の降板

韓国ドラマ「猟奇的な彼女」のヒロイン役を厳しいオーディションで勝ち取った女優キム・ジュヒョン(29)が突然、降板したことが分かった。

SBSドラマ「猟奇的な彼女」の制作陣は4日、「女性主人公に確定していた新人女優キム・ジュヒョンの出演が白紙となった」と明らかにした。続けて「女優オ・ヨンソ(29)のキャスティングに関しては決定している部分はない。状況に合わず、論議の末にキム・ジュヒョンの出演がなくなったものだ」と説明した。

また関係者は「(オーディションは)隠れた人材を発掘する良い試みだったが、試行錯誤があった。この部分はドラマを一層良いものにするため、慎重を期する」と伝えた。

2001年に公開した同名映画を原作とするドラマ「猟奇的な彼女」は朝鮮時代を背景に、突拍子のないキョヌと猟奇的な彼女のロマンスを描く青春時代劇だ。

WOW!korea提供

2016.08.04

blank