コン・ユ主演「釜山行き」が800万人突破、「国家代表!?」を抜いて歴代20位

釜山行きコン・ユ、マ・ドンソク、チョン・ユミ主演の今夏韓国映画の大作「釜山行き」が、31日に観客動員数800万人を突破。「国家代表!?」の804万人(2009年)を抜き、韓国映画最多観客歴代20位にランクイン。現在、歴代19位はチャ・テヒョン主演のコメディー映画「過速スキャンダル」(822万人)だ。
配給関係者によると、「釜山行き」は31日に800万人を突破し、公開2週目の週末、「過速スキャンダル」の記録に迫っていることが分かった。今年カンヌ国際映画祭で初公開されてから、話題と期待を集めてきたこの映画は、30日に57万9328人を動員し、累計観客数は787万2525人となった。
これで、特に異変がない限り、「釜山行き」は1000万人突破が無難なものとみられる。今週公開したイ・ジェハン監督の戦争ブロックバスター「仁川上陸作戦」にボックスオフィス1位の座を明け渡したが、僅差でまだまだ勢いを見せているため、最終的には1000万人プラスアルファのスコアになると予想される。
配給会社の関係者は「『釜山行き』が、ゾンビ物に慣れ親しんでいる若者層にだけアピールできたのではない。激しい生存の戦いで、光を放つ家族愛を見て、涙を流す中高年層の観客が『釜山行き』のチケットを購入していることから、1000万突破の足掛かりになった」と説明した。

2016.07.31

blank