TWICE、「CHEER UP」が音源チャートで人気再燃3位まで上昇

TWICEガールズグループTWICEの「CHEER UP」がリリース4カ月目で、音源チャート3位まで上昇し、ものすごい逆走行を見せている。
TWICEが4月25日にリリースした「CHEER UP」が、アルバム発売4カ月目の7月30日と31日、主要音源チャートで3位にランクイン。7月30日基準、音源サイトGenie、モンキー3のリアルタイムチャートで3位を獲得している。そのほか、MelOn、NAVERミュージック、Mnetでは4位、Bugs、パダソリでは5位を獲得し、韓国の全ての音源チャートでトップ5入りを果たした。
今週前半、逆走行の末、音源チャートでトップ5にランクインした「CHEER UP」が、さらにトップ3まで上昇し、ロングランする怪力を発揮している。リリースから4カ月目に入っている曲にもかかわらず、“新曲コスプレ”を続け、トップ3まで獲得しているのは、「CHEER UP」の人気が、時間が経っても衰えていないことを裏付けている。特に、リリース当時、MelOnで1位はもちろん、全音源サイトのリアルタイム、デイリーチャート、週間チャートで1位を総なめにした「CHEER UP」は、4カ月目で逆走行まで披露し、今年最高のヒット曲への期待も高めている。
さらに、TWICEはアルバム、YouTubeなど全ての指標で新記録を樹立中。「CHEER UP」が収録された2ndミニアルバム「PAGE TWO」は現在まで約14万5000枚のセールスを記録。今年のガールズグループのアルバムセールス1位を記録している。また、「CHEER UP」のMVはYouTubeでK-POPアイドルのうち、最も早く再生回数5000万回を突破したのはもちろん、31日現在、6700万回に迫る再生回数を記録している。

2016.07.31

blank