米ピープル誌、イ・ミンホにスポットライトを当てる “完ぺきな休暇を過ごす方法”

!cid_ii_1563a0fe6fd40b2c

アメリカの娯楽雑誌「ピープル」が俳優イ・ミンホにスポットライトを当てた。

「ピープル」は29日(現地時間)、アメリカLAを訪問したイ・ミンホに会い、インタビューをした内容を報道した。彼はLAで開かれる「KCON 2016 LA」K-カルチャーフェスティバルに参加するために28日の午後、仁川(インチョン)空港から出国した。

韓流の代表スターであるだけに、彼はどこに行ってもファンたちが付いて来て、ファンたちと共に楽しい時間を過ごしている。

イ・ミンホは「海外でファンたちに会えて本当にうれしいです。LAで思いもしなかった時間を過ごしています」と話した。

ほとんど休息ではなく仕事で全世界を訪問する彼は、LAに格別な愛情を持っていた。

彼は「学生時代親しい友達のうちの1人がLAに居住してします」として友達を懐かしく思い出したりもした。「ファン思い」としても有名な彼は、ファンたちに対して「いつも会えなくても、いつどこにいようともお互いが支えあい愛する間がらです」として「海外に出てきてファンに会えば、あたかも古くからの友達に会うようです」と愛情を表現した。

また、イ・ミンホは本人が楽しむ完ぺきな休暇についても説明した。

休む隙間ない忙しいスケジュールの中で、彼が持つ休息とはどんなものか。彼は「本も思い切り読んで、音楽も一日中聴いて、睡眠も取りたいだけとる。それが私の完ぺきな休息です」と素朴ながらも楽しい自分だけの休息方法を伝えた。

一方、イ・ミンホが出演した韓中合作映画「バウンティ・ハンターズ」は、7月初めに中国全域で封切りされ、大盛況だ。

以後英国やオーストラリア、ベトナム、シンガポール、マレーシア、香港、台湾など8ヶ国での封切りを控えている状態だ。

また、「星から来たあなた」のパク・ジウン作家の新作、今年11月に放映される予定のSBS新ドラマ「青い海の伝説(仮題)」でチョン・ジヒョンと共演する。

2016.07.30

blank