俳優イ・ジョンソク、児童暴力反対キャンペーンの収益金全額を寄付

201607250904774478_5795589d6db32

俳優イ・ジョンソクが、児童暴力反対のためのキャンペーンを開催して収益金を「セーブ・ザ・チルドレン」に全額寄付するという。

最近、MBCの水木ドラマ「W-二つの世界」で約1年半ぶりにブラウン管に復帰し、熱い人気をあつめているイ・ジョンソクが、忙しいスケジュールの合間を縫って温かい心を伝えて注目された。

イ・ジョンソクは、デザイナーのソン・ジインが導くブランドJain Songとともにキャンペーン「PLEASE STOP」を行う。

このキャンペーンは、韓国内外のファンの愛を一身に受けている俳優イ・ジョンソクが、婦人服デザイナーのソン・ジェインと共に多くの人々の関心と共感を得ることができて、男女共に着用が可能なユニセックスのアイテムを構成して、今日(25日)からコラボレーションの結果物を公開することでその開始を知らせる。

イ・ジョンソクが、自ら身につけて注目されるこのTシャツと、8月5日にはエコパック、12日はBall Cap、19日にはカーディガンと、すっきりしたデザインと合理的な価格が目立つ商品で構成され、全国のJain Songの売り場とオンラインストアで販売される。そしてこの収益金は、全額を慈善団体である「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付される予定だ。

特にキャンペーンのタイトル「PLEASE STOP : SAVE OUR CHILDREN(副題)」は、イ・ジョンソクが自ら企画に参加し、アイディアを出してより特別な意味を持たせた。また、希望的なメッセージを盛り込んだレタリングとキャンペーンのシグニチャーだと言える星の形を組み合わせたグラフィックデザインが特徴でもある。

デザイナーのソン・ジインは、「普段イ・ジョンソクが持つファッションに対する関心の深さは周囲の知人を通じてよく知っていた。このキャンペーンをきっかけに、お互いの長所をいかして単に利益が目的ではない、社会的イシューに対する良い主旨のコラボを始めることになった。こんな問題をより多くの人々と共に考えてみるきっかけができれば良いと思い、忙しい中であったがこのキャンペーンを進行できて嬉しい」と伝えた。

2016.07.25

blank