「イベントレポ」Apink、約2万人動員の日本2度目のライブツアーが大盛況で幕を閉じる!

APink

Apinkが23日、名古屋でライブツアー「Apink 2nd LIVE TOUR 2016. PINK SUMMER」のフィナーレを飾り、日本ツアーを大盛況のうちに締めくくった。
Apinkは名古屋に先駆け、札幌、東京、大阪、福岡など5都市で約2万人のファンと触れ合ってきた。
日本でリリースしたシングル「Brand new days」で、公演の幕を開けたApinkは、ヒット曲「モルラヨ」「LUV」「Mr.Chu」「NoNoNo」「Remember」の清純でハツラツとしたステージや、「Petal」「LOVE LIKE A FAIRYTALE」「Dejavu」など感性が込められたバラードステージでファンの目と耳を楽しませた。
また、ファンと日本語で会話をしながら、キュートなファンサービスで会場の雰囲気を熱くした。
そのほかにも、Apinkは「I Need You」「Hush」「U You」「天使じゃない」などさまざまなナンバーでステージを彩り、さらにファンソング「The Wave」では大合唱が起こるなど、大盛況で公演を終えた。
特に、Apinkの最後の公演を惜しむファンの歓声が会場に響き渡り、Apinkも最後の公演後は、なかなかステージを後にできなかったという。
所属事務所側は「今回Apinkの2度目の日本ライブツアー『Apink 2nd LIVE TOUR 2016. PINK SUMMER』は5都市6公演、約2万席規模で、チケットパワーを証明した」と伝えた。
2014年に日本デビューしたApinkは、これまで5枚のシングルと1枚のアルバムをリリース。日本の音楽ファンを魅了し、次世代K-POPアイドルと位置づけられている。
日本ライブツアーを終えたApinkは8月3日、日本で6枚目のシングル「SUMMER TIME」をリリースする。

2016.07.24

blank