カン・ジファン主演『7級公務員』舞台挨拶、12月18日全国ロ-ドショ-決定!

 

韓国で400万もの観客を動員した映画『7級公務員』が、12月18日(土)より全国ロードショーされることが決まった。

映画『7級公務員』は、『映画は映画だ』で新人賞を独占したカン・ジファンと、ドラマ「ロード ナンバーワン」も話題のキム・ハヌルが主演で互いの身分を偽って、恋愛に仕事に、全力を尽くす、国家情報院要員の二人が巻き起こす、抱腹絶倒のアクション・ラブコメディーだ。

韓国ではボックス・オフィスのNo.1を獲得、400万人以上の観客動員を記録した大ヒット作となった。

映画公開を記念して、カン・ジファ自身がファンへ向けて挨拶を行うジャパンプレミア東京公演が11月5日、最終日を迎えた。

寒空の中、劇場にはたくさんの女性ファンが会場を埋め尽くし、舞台挨拶は終始、黄色い声援に囲まれ、負けじとカン・ジファンもその熱気に応えた。

カン・ジファン

Q:舞台挨拶も今日で10回目。毎回様々なファッションで登場しますが、今日のポイントは?

いつもは自分で買った洋服で登場ですが、今日は最後なので、スタイリストが事前に用意しておいた服を 大事に取っておき、今日最終日ということで着てきました。 (笑)

 

Q:今までの舞台挨拶を振り返っていかがですか?

当初はミュージカルの合間に行うということで、プレッシャーもありましたが、自らこの素晴らしい作品を日本で直接紹介できる機会はないと思いますので、がんばろうと思いました。振り返ってみると、(舞台挨拶を)やって良かった、とても楽しかったです。

MC:ミュージカルもあり、忙しかったと思います。ファンの皆様からも一言お願いします。 ファンより一言・お疲れ様(韓国語で)

 

Q:忙しい中、体調管理が大変だったと思いますが、日本滞在中にやってきたことはありますか?

寒いので、極力ホテルから出ず、ゲームやDVD鑑賞、トレーナーと共にストレッチをするなど、体調管理を最優先しました。もちろん、和食や韓国料理など体に良いおいしいものも食べていました。

 

Q:韓国に帰って、1番に食べたい料理は何ですか?

母親が作る家庭料理です。

 

Q:今回のジャパンプレミアではファンの皆さんにも作品を観て頂きましたが、皆さん、『7級公務員』はいかがでしたか?

ファン:(韓国語で一斉に)おもしろかったよー!

 

カン・ジファン:初めて観た方はどのくらいいますか?

(ファンが多数挙手)

(内容は)いかがでしたか?

ファン:(韓国語で)おもしろかったよー!

 

Q:カン・ジファンさんにとっての本作のお勧めポイントはどこですか?

他のことを考えず、お腹の底から笑える映画だというところです。何も考えたくない、映画に没頭したい方にお勧めです。(本作以降)自分の出演作で地球や平和を救う作品に出演することはないと思いますが、 これからも、映画を観ている時間だけは、皆さんが思いっきり笑っていられる作品に出演していきたいです。

Q:本作はアクションあり、恋愛あり、さまざまな要素が詰まった内容で、前作「映画は映画だ」とかなり印象が違いますが、撮影に取り組むにあたり、前作と違う取り組み方はしましたか?

まず、前作は初めての商業映画でシステムに慣れておらず、緊張しました。2回目の作品はそこから脱皮したかったということもあり、自由に演じることができました。現場の雰囲気も明るく、リラックスして取り組むことができました。

カン・ジファン カン・ジファン

Q:本作には役柄にカン・ジファンさんご本人のアイデアも含まれているそうですが、ご自身のアフレコですか?

この作品に限らず、私は作品に取り組むにあたり、脚本にない部分も監督とたくさん語り合います。今回は監督からの注文もあり、たくさん悩んだ部分もありましたが、自由に演じることができ、気分良く取り組むことが出来ました。

Q:そういうアイデアは作品中のコミカルな演技や動きに反映されていますか?

ほとんどは、現場の雰囲気で自然に取る動きです。撮影中、緊張してしまい、(パソコンを打つ前に)手を開いたり、閉じたりしましたが、よく考えると、それがジェジュン(役名)の役柄によく合っていて、観てみると、違和感がありませんでした。ただ1つだけ、小指を立てて、飲み物を飲むシーンは他のドラマやミュージカルでも行っている私のトレードマークで、ファンだけがわかる、私たちの合図です。

カン・ジファン カン・ジファン

Q:日本では12月18日に公開ですが、ファンに向けて、メッセージをお願いします。

現在、日本で行っているミュージカルが終わったら、映画『7級公務員』のPRとして、地方を巡ります。

映画PRは、前作で少し行ったことがありますが、今回のように舞台挨拶を行い、地方を巡ることは初めてです。不慣れなところもあると思いますが、思いっきり笑える楽しい映画ですので、どうぞ応援して下さい。 その時は、私と一緒に小指を立てて、合図してくださいね。 (笑)

 

カン・ジファン主演映画『7級公務員』ジャパン・プレミアのチケット8,000席は完売し、主演でこのジャパン・プレミアに登壇するカン・ジファンと作品に対する大きな期待感、人気感を裏付けた。

『7級公務員』のジャパン・プレミアは11月9日(火)の名古屋・名古屋市公会堂大ホール、10日(水)福岡・西鉄ホール(2回開催)、11日(木)大阪・松下IMPホール(2回開催)と成功裡の中終了した。

また東京・グローブ座(10回開催)では映画上映中は笑いが絶えず、舞台挨拶は熱狂の渦に包まれた。

ght="296" alt="『7級公務員』" /> 『7級公務員』

【ストーリー】

スジは国家情報院、国内産業保安チーム所属要員となって6年目のベテランであり、ミッション成功率100%が自慢だ。だが、正体を明かすことはできない 特殊な職業柄、彼のジェジュンにさえ嘘をつかざるを得ない。

一方、長い間スジの怪しい嘘に疲れ果て、電話一本で別れを告げてロシアに留学したジェジュン。

3年後、表面上は国際会計士として戻ってきたが、実はスジと同じ国際情報院の海外部門所属要員となっていた。

そして、初めての任務中、ジェジュンはホテルの清掃員姿のスジと出会う! 3年振りの再会に心が揺れる二人――。 だが、また別の日には遊園地で妊婦姿のスジを発見する。 やっぱり何かがおかしい!お互いの正体を知らない二人にある事件が起きる!

『7級公務員』 『7級公務員』

2009年/韓国/114分/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD 配給:エスピーオー

宣伝:スキップ/提供&宣伝協力:SWAVE E&T 監督:シン・テラ『黒い家』

出演:カン・ジファン『映画は映画だ』/キム・ハヌル『青春漫画~僕らの恋愛シナリオ~』

公式サイト>>  www.7kyu.co

『7級公務員』 『7級公務員』

 

映画『7級公務員』 12月18日(土)より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋、ほか全国順次ロードショー

2010.11.16

blank