“性的暴行容疑”イ・ジヌク主張「玄関の暗証番号を先に知らせてきたのは彼女だ」

“性的暴行容疑”イ・ジヌク主張「玄関の暗証番号を先に知らせてきたのは彼女だ」

韓国俳優イ・ジヌク(34)が性的暴行関連で新たな主張を出した。

韓国・チャンネルAは去る18日、イ・ジヌクが「性的暴行を受けたと告訴した女性が自身を先に呼び、玄関の暗証番号を教えてくれた」と主張していると報道した。イ・ジヌクは「告訴女性が自宅にある物を直してほしい、として自宅住所と玄関の暗証番号まで、SNSで送ってきた」と陳述しているという。

また、イ・ジヌクは事件発生の前日、夕食の席で告訴女性が「熱狂的なファンだ。長い間、好きだった」など好感を示したとして、そうした内容が入ったSNSメッセージを証拠資料として提出した。

しかし、告訴女性側はチャンネルAとの電話インタビューで「イ氏に来てほしいとお願いしたことはない」とイ・ジヌク側の主張を全面的に否定した。

WOW!korea提供

2016.07.19

blank