『チョ・ヒョンジェ JAPAN FANMEETING  2010』開催

 

2008年8月に入隊、ことし6月に除隊した俳優チョ・ヒョンジェが、21日(土)の大阪に続いて22日(日)東京、文京シビックホールにて、『チョ・ヒョンジェ JAPAN FANMEETING  2010』を開催した。

チョ・ヒョンジェ

2000年CMでデビューを飾り、映画『スキャンダル』では大女優イ・ミスクと共演、端正な顔立ちと純粋な演技で話題を呼び、日本でも人気が高いチョ・ヒョンジェ。

ドラマ『ラブレター』、日韓共同制作ドラマ『STAR’S ECHO~あなたに逢いたくて~』などに出演し、歴史大作『薯童謡(ソドンヨ)』では主演を努め、史劇に似合う外見と声、そして表情を持った数少ない新世代演技者と評されドラマを大成功へと導いた。

爽やかで気品のある王子さまのイメージを持つ彼だが過去には苦労を余儀なくされた時期もあり、2年間の兵役で“強靭な男らしさ”もプラスされ益々魅力的になった今、次世代韓流スターとして多くの注目を集めている。

除隊後初、2年ぶりの公式来日となる為、公演前には記者会見が行われた。

午前11時、白いTシャツ、チェックのベスト、黒いスーツ姿で颯爽と登場したチョ・ヒョンジェに集まった報道陣は拍手と歓声で暖かく迎えた。「アンニョハセヨ」と一礼し挨拶するチョ・ヒョンジェは前にも増して、精悍で男らしい印象だ。

 

除隊後初の公式来日ですが今の気持ちは?

「やはり2年間軍隊にいましたので早く日本に行って、皆さんにご挨拶したいと思ってました。今回の来日は非常に意義深く、とても気分がよくて、光栄に思っています。」

 

入隊前、入隊後で変わった点は?

「入隊前はこれから2年間軍隊で生活しなければいけないし、俳優の生活を少し休むことになるので残念な気持ちがありました。除隊後は新しい気持ちを持つことができ、軍隊にいる間は自分自身を振り返ることができました。今では前向きな気持ちになれて、忍耐力がついたと思います。やはり軍隊にいると忍耐力を学びますので(笑)」

 

今回のイベントは何を準備されましたか?

「今回のファンミーティングで皆さんに歌をお聞かせするので歌の準備をかなりしました。作曲をしてくださる方々を含め、たくさん歌の練習をしました。」

 

除隊後の2ヶ月間をどう過ごされましたか?

「実は軍隊中いる間に少し太ってしまい、除隊する2ヶ月前から運動を始めて除隊した後も運動をよくしていました。午前中運動をして夕方から歌の練習をしていました。また趣味の登山もしました。この2ヶ月は主に体の管理に費やしました。」

 

軍隊で学んだ事と自慢できる事は?

「軍隊の生活は色々規制があるので質素な生活になります。忍耐力がつきました。軍隊の中では軍犬兵と呼ばれる軍用犬の訓練を担当しました。犬の訓練や教育、犬の健康管理の仕事をしていましたのでこれから犬を飼うとこがあれば上手く育てられる思います。その点は自信があります(笑)」

 

2年間の兵役は長かったですか?短かったですか?

「正直に言うと2年間は長く感じられました。軍隊にいる間は自分のやりたいことが思うようにできずに時間がなかなか経たないという感覚のなってしまい、実際の2年間よりさらに数年いたような気持ちでした。」

 

プライベートでやってみたいことは?

「まずは真っ先に仕事をしてみたいです。個人的にはしばらく旅行ができなかったので外国旅行に行って気分転換もしたいです。(照れた笑顔で)恋愛も暫くできなかったので恋愛もしてみたいです。」

 

今後の活動予定と日本のファンへメッセージをお願いします。

「除隊をして2ヶ月ですが今は個人的に活動の準備をしています。具体的なことはまだですがおそらく今年の暮れぐらいには作品をお見せできると思います。」

チョ・ヒョンジェ チョ・ヒョンジェ

フォトセッション後、会見中少し緊張したようすながらも誠実に応える彼の姿に入隊中にもドラマや映画等のたくさんのオファーがあった事が伺え、俳優チョ・ヒョンジェを待ち臨む声がファン同様多いことを証明する会見となった。

 

15時、オープニングでステージ中央のスクリーンに彼の姿が映し出されると会場からは大きな歓声と拍手が起こり、登場を心待ちにするファンの熱いまなざしが注がれた。

チョ・ヒョンジェファンミーティング

王子さまのイメージがピッタリの黒いコートをカジュアルに着こなしたチョ・ヒョンジェが登場、“瞳をとじて”韓国語バージョンを熱唱すると彼の精悍な姿と存在感溢れる歌声に客席は早くも大興奮に包まれた。

「こんにちは。チョ・ヒョンジェです。」と日本語で挨拶し、会場に「コマスミダ(ありがとう)」と一礼、2年間待ちに待った約2000人のファンの前で「みなさん貴重な時間をさいて下さり本当にありがとうございます。僕も2年間みなさんにお会いしたかったです。本当にありがとうございます」と心から感謝の気持ちを伝えた。

会場ロビーに展示されていた彼の軍服を着たマネキンが登場し、トークコーナーへ。軍用犬の訓練をしている写真と共に1日のスケジュールを紹介するなど軍隊での生活に触れて、訓練中に身に付けたという下着のたたみ方を披露するヒョンジェに会場からは大きな関心が寄せられた。

ここで会場から選ばれたファン3人とTシャツをたたむ対決をすることに、手際の良さをアピールしたヒョンジェだが惜しくもファンに負けてしまうと会場から健闘を称える大きな拍手が送られた。

ベージュのジャケット白いスラックスに着替えて再び登場したヒョンジェは2曲目“TSUNAMI”を韓国語で歌い、自身の曲“風のように君のそばに”他計4曲を熱唱し、青いペンライトを振ってヒョンジェを応援するファンと歌で絆を深めた。

<p
> また『チョ・ヒョンジェ ベスト・ベスト・ベスト』と題した名場面ベスト5(1位『薯童謡(ソドンヨ)』2位『ラブレター』3位『オンリーユー』4位『パパ3人ママ1人』5位『初恋』)を映像と共に当時を振り返って話すようすにヒョンジェが爽やかな青年から魅力的な男性へと成長した姿を見せた。

ファンからの質問コーナーでは2年まえのファンミーテングのときに“私待つわ~”と歌を披露したという72歳のファンが今回は“私待ってました~”と歌で迎え、「ヒョンジェさんにお願いですが2度のファンミが夏だったので冬のヒョンジェさんも見ていたいです。(会場から大きな拍手が)ライブやコンサートもして下さい。恋もたくさんして下さい。いい作品を時代劇ならさらに嬉しいですが・・・(更に大きな拍手が)」とアピールして会場の笑いを誘いイベントの盛り上げ役となった。

チョ・ヒョンジェファンミーティングチョ・ヒョンジェファンミーティング

さらにドラマ『ラブレター』にちなみファンからの彼へのラブレター3つを紹介、ユーモア溢れるユニークな内容のものから愛情溢れる感動的なものまで彼への愛情いっぱいのラブレターに大きな感動呼び、涙を誘う場面もあった。

ファンからのメッセージ集も手渡され、「自宅でゆっくり読ませてもらいます」と心のこもったプレゼントに感動したチョ・ヒョンジェ。 彼からはツーショット写真、サイン入り色紙、サイン入りポスターが抽選でプレゼントされた。

イベント最後には2年間待ってくれていたファン一人一人に彼からのサプライズプレゼントとし、参加者全員の握手会が行われた。 ファンに笑顔で丁寧に握手するチョ・ヒョンジェ、言葉をかけるファンに真摯に応えるチョ・ヒョンジェ、再びファンと強い絆を深めた瞬間だった。

2年間の軍隊での経験が彼を更に精悍で男らしく、洗練された魅力的な姿にし、これから、さらに大きく飛躍することを裏付けるイベントとなった。

 

主催:㈱フラウ・インターナショナル http://www.frau-inter.co.jp/

チョ・ヒョンジェ公式ファンクラブhttp://jo-hyunjae.com/

2010.08.26

blank