ソン・シギョン、除隊後初待望のイベントを開催!

 

8月15日、バラードの貴公子と呼ばれ幅広い層から支持を得ているソン・シギョンが、東京・渋谷C.C.Lemonホールにて「Sung Si Kyung Premium Party ’10 SUMMER 」を開催した。

ソン・シギョン

 

ステージは、入隊前最後のコンサート映像からスタート。

ダークグレーのスーツ、ピンストライプのシャツにネクタイというダンディーな姿で登場したシギョンは、2年半ぶりの再会を心待ちにしていたファン達の大歓声で迎えられた。

22ヶ月間の軍服務を終え、今年5月に除隊したソン・シギョン。

「コリエソ」の1曲目から満席の会場はその甘く伸びのある歌声に酔いしれた。

「軍隊が大変でした。ステージが恋しかった。そして皆さんが恋しかったです。」と挨拶すると、会場からは割れんばかりの拍手がおきた。

『I get along very well without you』『smlle』などのナンバーをしっとりと歌いあげ、『いいのに』になると会場の盛り上がりも、本人のノリも格別。

ファンとの掛け声にシギョンも自然と笑顔がこぼれる。「ちゃんと僕のことを忘れずにいてくれたね」と言わんばかりの笑顔だ。

トークコーナーでは、会場のファンも交えてのゲームで楽しい時間を過ごした。

心理テスト占いでは、「友人の盗まれた物は?」の質問に、「現金」を選びイジワル度20%という結果が出たり、「どんなカクテルを彼女に作る?」というようなお酒好きのシギョンにピッタリの(?)質問には「モヒート」と答え、「さわやかな恋、プラトニックな恋」を望んでいる・・・・という結果が出た。

その結果に「僕はバラード歌手ですから!」と会場の笑いを取りながらも、「精神的な事を肉体的な事よりも上に位置付ける人が多いが、肉体も重要。精神と肉体は同等なんです。」と語るシギョン。

ジョークのように何回も「軍隊は大変でした・・・」と口にしていたが、2年間の軍隊生活は、彼にとってとても大きな経験で何か新たなものを得たようだ。

ステージに立ってすぐに涙が出そうだったというシギョンは、「軍隊に行って自分にとって何が一番大切なものかを知らされた。」と語った。

選ばれたファンの方が参加の『本物は誰だ?』という本物当てクイズでは、ウクレレ奏者あり、マジシャンのステージありと盛りだくさん。

なかでも、ちびっ子登場の社交ダンスの得意な人当てでは、子供の素直な応対にタジタジのシギョンに会場も大爆笑!

シギョンも久しぶりのファンとの触れ合いが本当に嬉しそうな様子だった。

今回はアンコール曲を含め『ふたり』『僕に来る道』など全9曲を披露。「歌の歌詞をとても大切に考えて選曲した。」歌は語ること、これからも歌で色々なことを伝えていきたいという彼の強い意志を感じるステージだった。 最後にファンに向け「今日は自分の家に帰ってきたようだった。日本でもアルバムを出したい、コンサートを開催したいし、皆さんの期待に応えて頑張りたい。皆さんの存在が僕の支えになってくれています。」と感謝を述べ、今後の意欲を示した。 彼の耳に心地よい歌声は人々を優しい気持ちにさせてくれる。その素晴らしい歌唱力を充分に見せつけられた。 また成熟した新しいソン・シギョンの活躍に大いに期待したい

ソン・シギョン

2010.08.24

blank