『オ・マンソク FanMeeting in Tokyo』開催、フィもゲストで応援!

7月31日(土)東京・江戸川区総合文化センターにてドラマ『ぶどう畑、その男』、『王と私』で日本でも人気の俳優オ・マンソクが今年5月、大阪に続きファンミーティングを開催した。

公演前に行われた記者会見でオ・マンソクは「大阪以来、2ヶ月ぶりに東京でファンミーティングを行います。ミュージカルの歌や自身で作詞した歌を歌います。東京でも素晴らしい姿をお見せしたいです。」と笑顔で挨拶した。

オ・マンソクファンミーティング

日本に何度も訪れているオ・マンソク、日本の好きな場所は?

「以前秋葉原に行った時に上野公園まで歩いて、日本文化に触れたくて東京博物館に入ったら、丁度中国展が開催されていて、日本で中国文化に触れてきました(笑)」と来日のエピソードを紹介し、「原宿、新宿も好きでよく行くが歩くことが大好き。遊園地も好きでディズニーシーやディズニーランドにはもう5回も行きました。ディズニーランドのホテルにも泊まった。」と日本通をアピール。

 

演じた役で自身に似ているのは?

「作品を準備する期間に自分の中にある役に似たものを引き出し演じるので似てるとか似てないという問題ではない。でも多くの人たちは『ぶどう畑のあの男』のテッキ一が僕に似ているといいます。顔が黒いからかな?」と冗談を交えて答え、笑いを誘った。

ここでスペシャルゲストのフィも会見場に姿を見せ、「はじめましてフィです。よろしくお願いします。」と挨拶。

「2007年韓国でデビューし、昨年末から日本でも公演し、皆さんにお顔を見せる機会がありました。6月30日にリリースされた<恋雨(コイサメ)>はSkoop on samebodeyとコラボした歌で、はじめて日本語で歌ったのですごく不思議な感じがした。」と語り「音楽をはじめようとしたきっかけが日本の“X JAPAN”の歌だった。」と告白した。2人の最高の笑顔でフォトセッションが行われ会見は終了した。

フィ フィ

15時「オ・マンソクさん」と韓国語で会場から呼ばれにこやかに登場しイベントがスタートした。

「皆さんこんにちは、オ・マンソクです」と日本語で挨拶。 まずはフォトタイム、サプライズで客席まで降りて行きファンの近くで撮影に応じるオ・マンソクに会場は大興奮。

このサプライズにファンは大喜び、携帯や、カメラで彼のベストショットを撮り目を輝かせていた。

続いてトークショーに・・・・

 

好きな日本食は?

「日本食はなんでも好き。特にお寿司・刺身・お好み焼き・天丼・ラーメンが好きと答えモスバーガーも美味しくて好き」と話した。

学生のときに教会での舞台が最初の演技でお金をもらうような演技してから11年、学生の頃を含めると17、8年が経ちます。演劇の世界をもっと学びたいと思ったのは高校三年の頃だがその世界に進むことは難しいと家族から反対されたのでナイショで勉強して大学に合格した」と俳優になるきっかけを語ってくれた。

その後出演したドラマの映像を見ながら「 『王と私』のソファの嫁入りのときの、おんぶをするシーンは8時間ク・ヘソンさんをおんぶしっぱなしで翌日腕が上がらなくなった」と秘密のエピソードも公開。

また「『ぶどう畑その男』の撮影は毎日本当に暑くて10分くらいでメイクが取れてしまった。スタッフも皆日焼けして、みんなで移動するとインドネシアからのご一行様と間違えられた(笑)。」と撮影秘話を紹介し、実際にぶどうの糖度を計ったので今でもぶどうを食べると糖度がわかると身に付いた特技も告白した。

 

これから演じたい役は?

「ドンキホーテ。ラマンチャの男を」と答え、「ミュージカル制作者から何年も前からオファーが来ていますが、もう少し年をとってから」と待ってもらってるという。

今後の予定としては「今日(7月31日)に『単発ドラマ「南へ派遣トレーダーキム・チョルス氏の近況』の放映があって、『ロードナンバー1』にもカメオ出演していて来週くらいに放映されます。

そして8月14日からミュージカル「TOXIC HERO」が始まるので今稽古中です。皆さんをがっかりさせるかもしれません(笑)ヘンな役なので」と笑い、「でも可愛いところもあるんだなと愛情を持って見て下さい。」とファンへアピールした。 つづいてファンからの質問コーナーで好きな日本映画は「楢山節考」と答え笑いを誘った。

尊敬してる監督は黒澤監督、また自身が出演した崔洋一監督の作品も好きだと話した。

オ・マンソクファンミーティング

 

オ・マンソクファンミーティング

2部で客席から登場したオ・マンソクはファンに逆インタビューしながらファンの近くへ行ったり、ファンの膝に座ったりとファンにはたまらない大サービス。

そして客席から選ばれた3人の女優(ファン)さんとドラマのワンシーンを演じるコーナーで、 演じるシーン、『王と私』のおんぶシーンがスクリーンに映し出されると会場は大興奮となった。女優役を目隠ししてあげ、おんぶして歩くオ・マンソクに会場からは大きな拍手と声援が送られた。

プレゼントコーナーではオ・マンソクらしく、ジャンケンで負けた人が勝ちというルールでドラマやミュージカルのCDのサイン入りをプレゼントした。

ここでスペシャルゲストの<フィ>が登場。 「今日はオ・マンソク先輩のファンミーティングに参加してみなさんにお会いできて嬉しいです。」と挨拶し『チング~愛と友情の物語』のOSTから“僕のものにならない君”とアップテンポな曲“横断歩道”、そしてビヨンセの“Listen”を持ち前の歌唱力で歌い上げステージを盛り上げた。

オ・マンソクが再び登場し、ミュージカル「我が心のオルガン」から1曲、ミュージカル「TOXIC HERO」から1曲、失恋の痛手に苦しんでいるという曲を歌い上げ会場を魅了した。

次にイ・ジュン監督が登場し2人でミュージカル『楽しい人生』から“真っ赤な嘘”を披露、ラストは一番好きな曲と紹介し「ヘドウィック」から“The Origin of love”を歌い会場に感動の波を起こした。

最後に「僕が歌も上手くてトークも上手だったらよかったのに・・」と謙遜する彼の姿に会場からは惜しみない拍手と声援が送られた。

公演終了後、ロビーに立ちファン一人、一人に心を込めて握手で見送る彼の姿に、ファンへの思いやりと深い愛情を感じた。

そして改めてファンとの絆を感じるファンミーテングとなったに違いない。

2010.08.05

blank