YGエンタ、90年代トップアイドル「Sechs Kies」に対し”最高待遇”…ウン・ジウォン明かす

YGエンタ、90年代トップアイドル「Sechs Kies」に対し”最高待遇”…ウン・ジウォン明かす

90年代トップアイドル「Sechs Kies」のリーダー、ウン・ジウォン(37)がYGエンターテインメント(以下、YG)との契約に関して言及した。

ウン・ジウォンは去る1日夜放送のMBC「黄金漁場−ラジオスター」で、YGとの契約について「意欲が沸かない部分がなかった。あまりに大きなプロダクションだったから…」と明かした。

続けて「僕たちの欲としては、完ぺきな大型プロダクションで支援を受けながらカムバックしたいという気持ちはあったが、僕たちが自ら(会社を)探すことはできなかった」と説明した。

一部で”奴隷契約”と言われていることについては「僕が事前インタビューをした際に話した。この契約は”奴隷契約だ”と。その意味は、YG側が奴隷だということ」とし、「ヤン・ヒョンソク先輩(YG代表)本人が奴隷だと言っていた。それくらい、僕たちに対して多くを配慮し、最高の待遇をしてくれている」と話し、注目を浴びた。

WOW!korea提供

2016.06.02

blank