B1A4、ファンの愛に熱い涙!"10年経っても応援する"

article (3)

人気アイドルグループB1A4がファンと5周年を記念した。
B1A4は、29日にソウルオリンピック公園オリンピックホールで、ファンクラブBANA 3期のファンミーティング「May-King」を開催した。Mnetの「プロデュース 101」をパロディーしたコンセプトで、ファンがプロデューサーになって投票を通してメンバーの 1人をメイキングに選抜した。

B1A4は、デビュー時代の映像を背景にデビュー曲「OK」のステージで公演を開始した。そして「プロデュース 101」のように、名前が書かれたTシャツを着たメンバーが自己紹介と個人技をする映像が公開された。メンバーは、各種のゲームでファンとコミュニケーションして 、「イゲ ムスン イリヤ ~What' happening」のステージでは、ラッパーのバロがメインボーカルになってサンドゥルがラッパーになるなどポジションを替えてステージを公開した。

また、ジニョンが作詞作曲してプロデューシングをしたOH MY GIRLの「一歩二歩」とガールズオントップの「同じところで」をB1A4バージョンで構成して注目させた。「YOU ARE MY GIRL」をエンディング曲にする時は、客席を歩き回りながら間近でファンと目を合わせ、アンコール曲「十年後」、「IF」のステージではファンの「10年経っても変わらず応援する」というプラカードイベントに涙を流したメンバーもいた。

リーダーのジニョンは、「言葉で表現することができないというのがこういうことでしょう。オープニングの時から本当に胸がいっぱいでした。5年経っても(ファンが)この場に座っているということが不思議でもあり感謝です。ありがとうございます」とファンに対する切なさを伝えた。
現在B1A4は、ソロ活動に励んでいる。ジニョンは、Mnetの「音楽の神2」に出演中で、KBS2ドラマ「雲が描いた月明かり」にキャスティングされた。シヌゥとサンドゥルは、ミュージカル「三銃士」のダルタニャン役でステージに立っている。

2016.05.30

blank