ラッパーのJerry.K、江南駅付近で発生した無差別殺人事件に悲痛

ラッパーのJerry.K、江南駅付近で発生した無差別殺人事件に悲痛

韓国のラッパー、Jerry.K(ジェリーケイ/32)がソウル・江南(カンナム)駅付近で発生した無差別殺人事件に激怒した。

Jerry.Kは19日、自身のTwitterに「Twitterを見ている。各種経験談にとても驚く。僕は男だから遭ったことがないからだ。そして怒っている。それでもその怒りが恐怖に転移することもない。なぜなら、僕は男だから恐れる必要がない」と綴った。

続けて「そんなに気を付けなくても、そんなに恐れを感じなくても構わない人生は特権」としながら、「男という理由で、どれだけ大きな特権を受けて生きてきたのか、改めて悟る。 故人の冥福を祈ります」と追悼文を掲載した。

一方、去る17日夜、瑞草区(ソチョグ)の男女共用トイレで23歳の女性が凶器で数回刺され、死亡する事件が発生した。被疑者は30代の男で、警察の調査に犯行動機として「女たちにいつも無視されていた」と陳述した。

ネットユーザーたちは「江南駅の無差別、本当に残念だ」、「そうしたらこんな事件が…」、「本当に恐ろしい世の中だ」などの反応を見せた。

WOW!korea提供

2016.05.19

blank