「SHINee」ジョンヒョン、ソロタイトル曲のジャンルは“エレクトロパンク”

「SHINee」ジョンヒョン、ソロタイトル曲のジャンルは“エレクトロパンク”

韓国アイドルグループ「SHINee」ジョンヒョンがエレクトロパンクの曲でカムバックすることがわかった。

ジョンヒョン(SHINee)の1stソロアルバムのタイトル曲「She is」はFuture Bassを加味したエレクトロパンクジャンルの曲で、繰り返されるメロディーと歌詞で、誰でも一度聞けば簡単に覚えて歌うことができる親近感のある魅力を加え、音楽ファンの熱い反応を得る見通しだ。

またジョンヒョンが自ら作詞はもちろん、ヒップホップアーティストのCrush、初ソロ曲「Deja-Boo」に参加したphiltre、ジョンヒョンの共同作曲チーム「WE FREAKY」など実力派ミュージシャンとともに作曲した曲であるだけに、ジョンヒョンの一風変わった音楽スタイルに出会える。

さらにジョンヒョンはニューアルバムに先立ち来る23日、ソウル市内にて1stアルバム発売記念ショーケースを開催する。午後3時にメディアショーケース、午後8時にはファンのためのショーケースを開催する予定で、高い関心を集めている。

今回のショーケースでジョンヒョンは新曲ステージを初公開するのはもちろん、アルバム準備エピソードや近況などさまざまな話を聞かせる計画で、午後8時に行われるショーケースはNAVER「V」アプリを通じて生中継される予定だ。シンガーソングライター・ジョンヒョンの新しい音楽を待っていてくれたグローバルファンの大きな反応を得るものとみられる。

WOW!korea提供

2016.05.18

blank