俳優ユン・シユン、早くも「最高の1分」の主人公に!「1泊 2日」

사본 -201605161025770797_5739234c4ab9f01

新しいメンバーユン・シユンを迎えた「1泊 2日」のメンバーの「ドング成長プロジェクト」が一旦成功した。
15日に放送されたKBS 2TVの「ハッピーサンデー-1泊 2日シーズン3」(以下「1泊 2日」)は、コメディアン「ユン・ドング」に生まれ変わった新しいメンバーのユン・シユンと「ドングと一緒に行こう」の最後のエピソードが公開された。
16日に視聴率調査会社ニルスンコリアによると、前日放送された「1泊2日」は、首都圏基準で20.5%の高い視聴率を記録し、日曜日全体のバラエティプログラムでの1位と同時間帯で視聴率1位を成した。今回の放送で就寝場所のくじ引きのために遊園地に行ったメンバーは、我知らず期待する様子を見せた。女友達との幸せだった遊園地のミッションを思い出したメンバーは、「ボヨンに会いたい~、パク・ボヨン~、パク・ボヨン~」と仲がいいことをアピールし、キム・ジョンミンは「お前も僕らのようになるだろう」と笑わせた。

準備された就寝場所のくじ引きは「幽霊といっしょのくじ引き」で、お化け屋敷に入ってミッションを行って成功した人だけが遊園地の外で寝ることができるというものだった。一番先にお化け屋敷に入ったユン・シユンは、「ウワー!ウワー!」を連発して「こんにちは~」と幽霊に声を掛けて笑わせ、その後驚きまくるメンバーの様子に感心した。
ユン・シユンは、「本当にバラエティが上手ですね」とメンバーの様子に不思議がったが、実際メンバーは今まで恐怖ミッションが苦手で、これを全身で表現するメンバーの真の姿に、ユン・シユンは少しずつバラエティのセンスを学びながら笑いを誘った。

何といっても合流の初日から視聴率50%突破の公約を立てたユン・シユンは、「正々堂々」を叫んでメンバーを戸惑わせたが、野外での就寝に当選してメンバーに合流してたった一日で「ルールブレーカー」になって視聴者を爆笑させた。彼が出演したドラマ「製パン王キム・タック」に着眼した朝のミッションは「卓球」だったが、卓球に関しては全く分からないユン・シユンは勝負欲が爆発したあげくルール違反をしようとして笑わせた。

「1泊 2日」を一緒にしながらメンバーとの協調性を披露したユン・シユンは、予測できないキャラクターで「1泊 2日」にますます適応して意外な面で視聴者に爆笑をプレゼトした。
製作サイドのドングオーダーメード型ミッションと、メンバーのドング成長プロジェクトが光を放った瞬間だった。そして彼は、この日の視聴率の最高の1分の主人公でもあった。勝負欲の爆発したユン・シユンがゲームに敗れるそうな最後の瞬間(19:25)は、ニルスンコリアの首都圏基準で23%という高い視聴率を記録してこの日の最高の1分を記録した。

こうして視聴率が20%(ニルスン首都圏)を突破した中、ドングの公約視聴率までまだ30%が残っているため、メンバーが今後どうやって記録を更新していくのかが注目される。

2016.05.17

blank