「インタビュー」“ソロデビュー”ジェシカが明かす「少女時代」・SMエンタ、そして結婚

“ソロデビュー”ジェシカが明かす「少女時代」・SMエンタ、そして結婚

韓国アイドルグループ「少女時代」ではない歌手ジェシカ(27)はどうだろうか。練習生時代から15年間、SMエンタテインメントに所属し「少女時代」として活動しながら、ジェシカはとても多くのものを得た。いまのジェシカがいるのも「少女時代」のおかげ。デビューから9年、独り立ちに挑戦するジェシカは一層、緊張していた。

2014年に「少女時代」を脱退しSMエンタからも独立したジェシカは長い苦悩の末に再び歌手としてファンに会うこととなった。大手マネジメント会社、大人気ガールズグループに時には分からなかった音盤制作過程の一つひとつを自身の手で作り出した作品だ。ジェシカのソロデビューアルバム「With Love, J」は感謝の賜物だと言える。

「正直、ソロとして作品を出そうとはまったく考えていませんでした。ただ、私を応援してくれるファンたちが『いつ歌うの?』と言い続けてくれて、本当にありがとうという気持ちを伝えたくなったのです。今回のアルバムの目標は彼らに捧げる贈り物です。『With Love, J』はデビューの時から使ってきた文言ですが、ファンであれば分かってくれるはずです。」

ファンたちに捧げる贈り物というだけあって、ジェシカは3曲の自作曲を収録した。タイトル曲「Fly」もやはりジェシカの自作曲。夢を見れば何でもできるという希望的なメッセージが込められているが、ジェシカは今回の作品全体的に、明るく希望的な応援のメッセージを伝えながら、ファンのために歌った。特に5番目のトラック「Golden Sky」はファンたちに送る献呈曲だ。

ソロアルバムの発表前に会ったジェシカからはときめきと緊張がにじみ出ていた。実際、ジェシカにとって記者たちに会うことは、簡単ではない選択だ。当然、これまで関心を集めていた「少女時代」やSMエンタに関する質問が飛び交った。ジェシカは意外にも真剣に、笑顔で話し始めた。愛嬌のある一面が愛らしいジェシカであった。

「少女時代の脱退は私にも突然の出来事でした。いまでも少女時代は本当に大切です。デビューの時からそうで、実際、少女時代でなかったらいまの私もいませんよね。人生は本のようです。一ページをめくるタイミングが来たようでした。」

いまのジェシカを作り出した「少女時代」は変わらず重要なものだという彼女。それもそのはず、ジェシカは2000年からSMエンタの練習生生活を送り、長い準備期間を経て「少女時代」としてデビューすることとなった。デビューから8年間、最上級の人気を得ながら活動した。SMエンタと「少女時代」はジェシカと離すことのできない関係だ。

「もちろん、SMエンタに残ることもできました。妹のクリスタル(f(x))もいますしね。会議を重ねて一人になるのがより良い方向だと考えました。こうして、いま、ここが私の事務所です(インタビューはジェシカが所属するコリテルエンターテインメントで進行された)。ハハハ。」

偶然にもジェシカがソロアルバムを発表する一週間前、「少女時代」の同士ティファニー(26)も初のソロアルバムを発表することとなった。妙な競争構造が形成されたが、ジェシカは「一週間もリリース日に差があるのに…」と笑った。

「ティファニーの収録曲もすべて聴き、ショーケースも見ました。本当に素敵です。ティファニーと言えばラブリーですよね?新たな姿で、ティファニーが挑戦したかったことが明確にあったようです。かっこよく活動し、うまくいけば私もうれしいです。」

ジェシカが独り立ちしながら、よい反応やファンの支持ばかりがあった訳ではない。「少女時代」脱退があまりに突然だったため、ファンたちの誤解を招き、よくない反応もあった。ジェシカはあえて誤解を解かなくてもいつかは解けると話し、そんな中でも支持してくれるファンたちから力を得た。

「悪質な書き込みは元々、多かったんです(笑)。とにかく誤解はありますね。私の性格上、反応が何もないよりは関心を持ってもらえる方がいいと思うのです。以前は傷つくこともありましたが、いまは変わりました。成長したのかな。淡々としています。釈明することもあまり好きではありません。誤解はいつかすべて解かれるでしょう。私の立場で、あるいは誰かの立場で話せば、より絡まりそうです。私はプライベートでもそういうタイプです。」

ある瞬間、“氷の女王”のように“クール”な表情があらわれた。ジェシカの恋愛の話題に移ったからだ。ジェシカは恋人タイラー・クォンに対してジェシカは非常に慎重だった。

「会社をここに決めて、ファンたちを思うと悩むこともありました。しかし、私を最もよく知り信頼できる場所で、話がきちんと通じるので可能だったと思います。友達と一緒の席で自然と会うようになりました。結婚説は…あくまで説ですよね?最近、周辺で結婚するのを目の当たりにして、羨ましいと思うことはあります。女性であれば、考えることなので、時が来ればするのではないでしょうか(笑)。」

このインタビューはある意味、独り立ちしたジェシカの覚悟を聞く時間だったとも言えるが、何より彼女に対する偏見を砕く時間だった。愛らしく、明るいエネルギーに満ちたジェシカの歩みに注目だ。

WOW!korea提供

2016.05.17

blank