俳優チソン、"本当にマネージャーになった気分"「タンタラ」

article

俳優チソンが、本当のマネージャーになった気分だと語った。
チソンは、11日午後2時30分から京畿道一山(キョンギド・イルサン)にあるSBS製作センターで開催されたSBSの水木ドラマ「タンタラ」の記者懇談会で、「このドラマは、私が主人公だからと私がリードしていくのではありません」と言った。
チソンは、「『タンタラ』バンドの人生ストーリーなので、ソクホの視覚で見るドラマだと言えます。弟たちの今後の活動に期待しながらも横で見ればとても心配になったりします」と言った。

彼は続いて「兄というの立場で何でも役に立ちたいと言えば、なんだか小言のように聞こえますが、本当のマネージャーになったようです」と現在、シン・ソクホに精一杯はまっていると説明した。
「タンタラ」は、崖っぷちに立たされたマネージャーのシン・ソクホ(チソン)とバンド「タンタラ」の成功ストーリーを描いたドラマで、毎週水木曜日午後10時から放送される。

2016.05.11

blank