「コラム」朝鮮王朝おもしろ人物列伝/第6回/不滅の将軍・李舜臣

DSCF7530不滅の将軍・李舜臣の銅像

 

第6回 不滅の将軍・李舜臣

 

朝鮮王朝の歴史の中で一番の英雄は誰かと聞けば、李舜臣(イ・スンシン)の名前が多くあがるだろう。そのように、今でも韓国で尊敬を集める李舜臣とは……。

 

天才的な戦略家

李舜臣は1545年に名門の家に生まれた。文官の家系なのだが、彼は小さいころから戦の真似事をして喜ぶような子供だった。李舜臣は、27歳のときに武科(武官を選抜する試験)を受けたが、落馬してしまい不合格になってしまう。それから5年後、32歳のときに再び試験を受けて見事合格する。

李舜臣は武官として北方の国境警備など立派に仕事したが、性格があまりにも頑固であったがために誤解を生むことも多かった。それでも彼は腐ることなく、必死に職務を果たした。

李舜臣にとって転機となったのは全羅道(チョルラド)の水軍守備隊長として配属されたときだった。短期間で水軍の兵法を身につけた彼は、誰にもまねできないような戦略を立てた。

1590年、日本の軍勢が攻めてくる可能性があると噂されるようになった。朝鮮王朝側は、まず海の守りを固める必要があると感じ、水軍指令基地で大幅な人事異動を行なった。その際に、李舜臣は全羅道の水軍基地の司令官に任命されたのである。

 

豊臣軍の朝鮮出兵

司令官となった李舜臣は、最初に亀甲船の製作に取り掛かった。亀甲船とは、文字通り亀の甲羅に似た船で、船の上を鉄板で覆っている。敵の乗船を防ぐだけでなく、前後左右にある大砲を最大限に生かすことのできるものだった。

1592年、日本から豊臣軍が朝鮮に向けて攻めてきた。朝鮮王朝は、建国してから200年間は他国から攻められることもなく、防御の面がおろそかになっていた。そのため、朝鮮王朝側は地上で敗戦が続いていたが、李舜臣が率いていた水軍は亀甲船の活躍により、豊臣軍の補給を断つという功績をあげた。その功績が認められて、李舜臣は水軍の総司令官に任命された。

しかし、朝鮮王朝が滅亡するかもしれないという危機的状況の中でも、高官たちの内紛は続いていた。その影響で、李舜臣は「日本と内通している」というあらぬ疑いをかけられて投獄されてしまった。彼の母親は、獄中の息子に会うために出かけるが途中で亡くなってしまう。その知らせを聞いた李舜臣は、自らの親不孝を詫びて泣き崩れた。

 

DSCN0679

 

危機的状況からの逆転劇

李舜臣の活躍により一度は撤退した豊臣軍が1597年に再び攻めてきた。朝鮮軍は迎え撃ったが、それまでの連勝がまるで嘘のように連敗してしまう。「もう後がない」と感じた高官たちは、李舜臣を水軍の総司令官に戻した。海上に戻ってきた李舜臣だが、そんな彼を迎えたのは、12隻の小さな船だった。そのような状況では、誰もが「勝ち目がない」と思うだろう。しかし、李舜臣は諦めることがなかった。不眠不休で水軍を再編成し、荒れた海流などを利用した戦術で、見事に巻き返したのである。

1598年8月、戦い続ける李舜臣のもとに、豊臣秀吉が亡くなったという知らせが届いた。彼は、それを絶好のチャンスと捉えて総攻撃に打って出た。しかし、その戦いの中で、李舜臣は流れ弾に当たり倒れてしまう。自分が死ねば兵の士気が下がると思った李舜臣は、息子と甥に「私の姿を盾で隠し、今後の指揮はお前たちに任せる」と言って亡くなった。

死ぬまで戦い続けた李舜臣は、不滅の将軍と呼ぶに相応しい人物である。だからこそ、現在の韓国で、ソウルの中心部に銅像が立つほど尊敬を集めているのだろう。その評価は韓国だけではなく世界にも広がっている。朝鮮出兵の際に、李舜臣に苦しめられた日本側も彼の戦術を研究しているくらいだ。朝鮮王朝の歴史の中でもこれだけ後世に影響を及ぼした将軍はいないだろう。

 

文=康 大地(コウ ダイチ)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

2016.05.11

blank