俳優ソン・ジュンギ、キム・スヒョン、イ・ジョンソク、チュウォンのファンタスティック4!

201605031804770139_57286b0def35f

ドラマは作家、演出、俳優の3拍子がぴったり合うと大当たりするとよく言われる。しかし俳優の存在感だけでも大成功したりもする。普段ドラマをあまり見ない人にも彼らの出演の知らせで、初放送前から首を長くして待たせてしまう俳優がいる。我らは彼らを称して「視聴率の保証小切手」と呼ぶ。
ドラマが終わっても熱気が冷めず羨望の的になる俳優がいる。ソン・ジュンギ、キム・スヒョン、イ・ジョンソク、チュウォンが、そんな俳優だといえるだろう。視聴者にとても愛されて成功が保障されているということだ。4人のドラマを見れば、彼らがどれほど大衆の好みを読み取って演技に盛り込むのか、そして自身が伝えたいことを表現するためにどれほど繊細に神経を使っているのかに感嘆するしかない。

 

◆ ソン・ジュンギ、申し分なしのキャスティング最優先者

 

ソン・ジュンギは、このごろキャスティングの最優先候補に数えられていないだろうか。大人気のうちに終映したKBS2のドラマ「太陽の末裔」を通してシンドローム級の人気を作り出した彼の今年一年の歩みが期待されている。ソン・ジュンギは、「太陽の末裔」で職業意識に徹したユ・シジン大尉を上手く描き出したという評価を受けた。

デビュー作である映画「霜花店(サンファジョム)-運命、その愛」での助演以降、ドラマ「産婦人科」ではアン・ギョンウ役で注目され、2年後の放送されたドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」に続いて「根の深い木」でも俳優として認められた。そして「優しい男」では、大衆的な知名度と人気をあつめた。軍除隊後の復帰作に選んだ「太陽の末裔」は正に神業としか言いようがなかった。女達がききたがる言葉をためらわず告白するユ・シジンは、ソン・ジュンギのイメージとぴったりあった。

 

◆ キム・スヒョン、出演作ごとに大当たりの行進

2015年に放送されたKBS2のドラマ「プロデュサー」を再び成功させて韓流スターとしてのイメージを確固たるものにしたキム・スヒョンも興行保証の小切手と呼ばれる。ドラマ「星から来たあなた」では、異性人のキャラクターで女心を捕らえた。ドラマはもちろん映画も、出演作ごとに大衆の関心を受けて人気を証明している。キム・スヒョンという名前3文字で作品をリードすると言っても過言ではない。

シチュエーション・コメディー「キムチ・チーズ・スマイル」でデビューしてから、ドラマ「ドリームハイ」に出演するまで、彼の真価を知る人は多くなかった。しかし、「太陽を抱く月」を通して男優として幅広い演技をこなすことができるという可能性を見せた。彼は年に似合わずカリスマのある深い内面的な演技を見せてくれる。

 

◆ イ・ジョンソク、「かっこ悪さ」も完壁に演じる

イ・ジョンソクが最近1年間出演した作品はないが、今年下半期にMBCドラマ「W」でカムバックを前に興行保証の小切手役を確実にこなしている。2013年に放送されたSBSドラマ「君の声が聞こえる」が中国に輸出されて韓流の人気スターに浮上した。

「学校 2013」で俳優キム・ウビンとの男の友情を見せて視聴者から愛され始めたイ・ジョンソクは、「君の声が聞こえる」、「ドクター異邦人」などの作品を続けて成功させて演技力と人気を証明した。彼の演技は信じて見れるという一部の視聴者の反応が目立つ。モデルでデビューして演技者に転向した彼は、演技上手な俳優が目標だという。社会部の記者に変身した「ピノキオ」では、カッコ悪さを演じながら深い内面を演じきって多くの人を感動させた。イ・ジョンソクが、描いていくフィルモグラフィー(作品のリスト)が期待される理由だ。

 

◆ チュウォン、誠実さの代名詞

チュウォンはいわゆる「誠実さの代名詞」だと言われている。ミュージカルステージに立つ時から休息を知らず、黙々と夢のために駆け続けたかれは、「2015 SBS演技大賞」でドラマ「ヨンパリ」で大賞を握りしめた。高い視聴率もそうだが、演技に向けた彼の情熱と努力が輝やく瞬間だった。チュウォンは、時にはカリスマを、時には息詰まる緊張感を、時にはキュートな愛嬌の混ざった姿を自由自在に行きかいながら七色の魅力を誇る俳優だ。

デビュー作「製パン王キム・タック」を通して悪役として認められたあと、「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち」では純粋な青年、「グッドドクター」ではサヴァン症候群(自閉症や知的障害を持ちながら、ある特定の分野で卓越した才能を発揮する症状)を持つ天才医者、「明日もカンタービレ」ではピアニストと、変身に変身を繰り返してテレビ劇場の視聴率保証の小切手としての存在感を確固たるものにした。

 

2016.05.05

blank