「イベントレポ」GOT7、女装にユニットまで、思いっきり飛び回って遊んだ!

201604301655772849_572472ae6bbeb

リーダーが抜けた初の単独コンサート。メンバーは力が抜けてしまうこともありえるが、いっそう熱心に歌とダンスを披露した。長男の座をそのまま空席にしておいたが、ファンが寂しくないように充実した公演で報いた。GOT7が、JBなしの6人のメンバーで初の単独コンサートを十分に完成した。
30日午後4時、ソウル特別市松坡(ソンパ)区芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園ミューズライブで初の単独コンサート「FLY IN SEOUL」が開催された。前日の公演に続いて2日目だ。現場には国内外のファンで一杯だった。2日間で8000人がGOT7を見るために会場に集まって来た。韓国ファン以上に海外ファンの熱気はすごかった。

201604301655772849_572472adcc70e

約束した時刻、真っ赤なジャケットを着た6人がステージ上に飛び出した。強烈なイントロを背景音楽にGOT7は、ダンサーと幻想的なパフォーマンスを展開した。「手を上げろ」、「Turn Up The Music」、「Girls Girls Girls」、「Back To Me」、「A」まで一気にオープニングを消化した。公演初盤から雰囲気は熱く盛り上がった。
メンバーは、腰の負傷で残念ながら参加できなかったJBの位置を空けてダンスをした。彼の歌のパートは、ファンの声で埋められた。弟たちは、「リーダーのJB兄さんが、公演に参加することができなかったですが、僕らが2時間半の間もっと熱心に歌って踊ります」と力強く語った。

201604301655772849_572472aee5496

◆ 見どころが豊富で目が贅沢した
感性的なGOT7の魅力も輝いた。「To Star」、「 Playground」を熱唱するメンバーの声には真心がいっぱいこめられていた。JBのパートを歌うファンの声まで加わって大きく響くようなステージとなった。「Can't」、「I Like You」の順にGOT7は、欠点を探すことができないような完璧なライブと一糸乱れぬ群舞で沢山の見どころをプレゼントした。
ユニットでも輝くGOT7だった。ヨンジェは、JBと初公開する新曲「1:31am」のステージを公開する計画でしたが、ピアノとともにひとりで登場した。しかし、甘く熱唱してJBの不在を吹き飛ばしてしまった。しかし、ヨンジェは歌を終えると感情がこみ上げたように「申し訳ありません」と頭を下げて退場した。

マークとJrは、「HIGHER」で、ジャクソンとユギョム、ベンベンは「I Love It+WOLO」で息を合わせた。情熱的なパフォーマンスに会場の熱気は屋根を突き破るような勢いだった。コンサートの全てが全てのファンのために初公開した新曲なので意味はもっと深かった。

사본 -201604301655772849_572472af926760

◆ 成熟したGOT7のセンス
ステージに先立って開催された記者会見でベンベンは、「コンサートの時、必ず女装をして見たかったです」と言った。彼の願いがかなったようだ。ヨンジェとマーク、Jrは、GFRIENDの「今日から私たちは(Me Gustas Tu)」を披露し、ジャクソンとユギョム、ベンベンはRed Velvetの「Dumb Dumb」のダンスを披露した。何ともないというようにガールズグループのパフォーマンスをする筋肉質なメンバーを見て観客は熱く沸き返った。

6人は、ガールズグループの衣装をそのまま着てトークを続けた。ピンクのワンピースを着た初々しいマークとJrとヨンジェ、赤いワンピースでとてもキュートな魅力のジャクソンとユギョムとベンベンを見るだけで観客は腹を抱えて笑った。美しいがタフなGOT7、彼らはそのまま「Hooked」を歌って再び大きな楽しさをプレゼントした。
トークタイムでも、パンパンはじけた。メンバーは先月「FLY」でデビュー以来初の地上波の音楽放送で1位になってファンに感謝のあいさつをした。ジャクソンは、「皆さん、『僕らが感謝します』とあいさつするので『とんでもありません!』と言ってください」と付け加えて笑わせた。そして「コンサート」で三行詩まで作ってメンバーのトークは止まらなかった。

사본 -201604301655772849_572472b0460f10

◆ ツアーの開始が順調
GOT7を「人気スター」にしてくれた「FLY」、「HOME RUN」、「See The Light」、「Just right」、「REWIND」、「Stop stop it」、「君がすれば(If You Do)」まで、2時間があっという間に過ぎた。ヒット曲のメドレーに会場の雰囲気はいっそう盛り上がった。メンバーもまるで公演の開始のように情熱的に歌って踊った。

GOT7はこの日、ソウルでの公演を大成功のうちに終了して中国、日本、タイ、シンガポール、アメリカなどを海外ツアーで回る。この2日間の公演で、この上なく完璧なスタートを知らせた。もっと高い所に向かって飛びあがったGOT7だ。彼らの終着地はまだ決まっていない。果てしなく成長するGOT7だからだ。

2016.05.01

blank