GOT7ヨンジェ、JBなしで1人で歌い思わず涙が… “申し訳ありません”

!cid_ii_154666b70ef38b13

人気アイドルグループGOT7のJBとヨンジェのデュエットステージ、しかしひとりで登場した。ヨンジェは1人で歌を歌い、結局目がしらを赤らめた。

30日の午後4時、ソウル芳夷洞(バンイドン)のオリンピック公園SKハンドボール競技場でGOT7の韓国内初の単独コンサート「FLY IN SEOUL」が開催され、公演の中盤でユニットステージが披露された。

トップバッターはJBとヨンジェのステージだ。2人はこの日、新曲を初公開することにしていた。しかし、JBが負傷でコンサートに参加することができなくてヨンジェが1人でマイクを持った。

JBのパートはあらかじめ録音しておいた声が使われた。ヨンジェはJBがいない中、彼の声とデュエットを完成させた。甘いボーカルに悲しいメロディが増して現地のファンたちは息を止めるように静かに彼のステージに注目した。

しかしヨンジェは歌を終えて感情が込み上げてきたようだった。感動のステージの後「申し訳ありません」と首をうな垂れて退場する姿が目を引いた。そんなヨンジェに向かってファンたちは熱い歓声と拍手を送った。

2016.04.30

blank