原宿発がけっぷちボーイズグループBEE SHUFFLEのメジャー・デビュー・シングル「Welcome to the Suffle!!」が、オリコン週間シングル・ランキング初登場5位!!!

20140212-!cid_image001_jpg@01CF281C

2月5日に発売された原宿発がけっぷちボーイズグループ“BEE SHUFFLE”のメジャー・デビュー・シングル「Welcome to the Shuffle!!」がオリコン週間シングル・ランキングで5位(2014年2月17日付)で初登場した。彼らは、CS放送「Shuffle Audition」で勝ち抜き、番組中、数々のミッションをこなしてきた日韓5人組のボーイズ・グループ。デビュー・シングル「Welcome to the Shuffle!!」をオリコン週間シングル・ランキング5位以内にチャート・インさせるという番組内の最新にして最大の過酷なミッションで注目とファンを増やしてきていた彼らが、見事にそのミッションを成し遂げた。

このミッションを成し遂げるため、毎週放送される番組の中では、世界的なフォトグラファー レスリー・キー、ヘアメイク・アーティスト 坂巻哲也、KABA.ちゃん、元モーニング娘。中澤裕子、お笑いタレントザブングルの加藤歩、安田大サーカスのHIRO、はるな愛、博多華丸・大吉、南海キャンディーズのしずちゃん、JOY、山田親太郎、俳優石田純一などのカリスマやタレントが登場、アドバイスを彼らに与え、彼らが活動のホームタウンとしているJOL原宿でのイベントでは、そのエンタテナー魂をパフォーマンスとファンとのコミュニケーションでコツコツと築いてきた結果がひとつの形になった。

20140212-!cid_image002_jpg@01CF281C

このミッションが達成されない場合、「メンバーがシャッフル」されてしまう試練が待っていただけに、この結果を受け、TwitterをはじめとするSNSサイトではファンが「BEE SHUFFLE、ありがとう!信じてた!」、「嬉し泣き!ずっと一緒!」などなど涙ながらの感動のメッセージを多く発信し続けている。
これで、次のステップは現在の5人で活動を続けることは間違いないようだが、いままでどんでん返しのショックなミッションが突然降ってきただけに、「まずは、ずっと僕たちを応援してきてくださったファンの皆様と支えてくださった関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。まだ実感がわいてなく、夢のようですが、これからがスタートですので、これからもまた気を引き締めて頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。」とメンバーの@@は発言、あくまでもメンバーはひと安心、というような心情のようだ。
 なお、彼らは今週末の2月15日(土)「シャッフルオーディション シーズン3 ミッション達成!?記念感謝祭」開催を彼らの聖地、JOL原宿で行うことを発表している。
 

■BEE SHUFFLEオフィシャルHP:http://beeshuffle.com/ 
■シングル「Wecome to the Shuffle!!」詳細情報:http://www.universal-music.co.jp/bee-shuffle/discography/ 
■UNIVERSAL MUSIC HP: http://www.universal-music.co.jp/bee-shuffle/    
 
≪「シャッフルオーディション シーズン3 ミッション達成!?記念感謝祭」≫
http://www.universal-music.co.jp/bee-shuffle/news/2014/02/10 
■日時: 2014年2月15日(土) 14時~15時(予定)
■場所: JOL原宿
■参加方法: フリースペースにて自由にご観覧いただけます。
※前方に設置致しますイスは優先観覧席とさせて頂き、当日抽選にてご案内させていただきます。
 
<PROFILE>
DATV(CS) と韓国のMBC MUSIC が共同制作したアイドル発掘番組『シャッフルオーディション』を勝ち抜いた日韓のファイナリスト5人(日本人2人、韓国人3人)からなる、原宿発がけっぷちボーイズグループ。
『シャッフルオーディション シーズン2』では、日本で共同生活をしながら番組からはさまざまなミッションを与えられ、ファイナルミッションとして“オリジナルCDを5,000枚手売りできなかったら即解散”という超過酷なミッションを見事クリアし、ついにメジャーデビューが決定!そしてデビューが決まった彼らに与えられた『シャッフルオーディション シーズン3』での今回のミッションは、オリコンウィークリーチャート5位以内に入らなければ・・・。
次々と与えられる超難関ミッションをクリアするために全力で突き進んでいく彼らから目が離せない。
 

2014.02.12

blank