俳優チャン・グンソクが武官の姿で登場!運命が変わるか?「テバク」

201604241146779992_571c613ecc9b7

俳優チャン・グンソクが、武官(軍人)の姿で登場した。むしろに巻かれたり、蛇を食べた時とは全く違った様子だ。
SBSの月火ドラマ「テバク」は、8話で肅宗(チェ・ミンス)の命を奪うために飛びかかるキム・チェゴン(アン・ギルガン)とダムソ(イム・ジヨン)、ふたりを阻むために立ち上がったテギル(チャン・グンソク)とヨニングン(ヨジング、後の英祖)の様子が緊張感を高めた。

そして、「テバク」の製作サイドは、9話の放送一日前の24日、テギルの180度変わった服装が収められた撮影のスチールカットを公開して注目された。公開された写真のテギルは、武官の衣装を着て鋭い目つきで周辺を察している。後部の高い壁は、テギルが立っている場所が宮中であることを暗示している。
何といても目を引いたのは、テギルの服装が変化したことだ。テギルは、父であるペク・マングム(イ・ムンシク)が死ぬ前、両班(官僚)の系図を取り戻して幸せな期間を過ごしたが、目の前で父親の死を目撃して波乱万丈の人生を歩んできた。

状況ごとにテギルの服装は変化した。塩田の奴隷になった時はぼろぼろの服、キム・チェゴンの弟子になった後も山奥に隠れて暮していたため粗末な服を着た。そんなテギルが武官の衣装を着るようになって、どんな理由で真夜中に宮中にいるのかに関心が集められている。「テバク」は、25日午後10時から放送される。

2016.04.24

blank