LOVELYZ vs TWICE vs SEVENTEEN、同時カムバックで正面対決

LOVELYZ第3世代ガールズグループLOVELYZとTWICE、そしてボーイズグループSEVENTEENが同時にカムバックし、正面対決を繰り広げる。
LOVELYZは25日0時、2ndミニアルバム「A New Trilogy」をリリースし、タイトル曲「Destiny(私の地球)」で本格的な活動に入る。この曲のサブタイトルは、私の地球。緑色のプロローグ映像とピンク色いっぱいの雰囲気で注目を集めた。
LOVELYZは第3世代の清純アイドルとしてファン層を拡大している。2014年にデビューし、歌手ユン・サンとタッグを組みながら、精力的に活動している。今回のタイトル曲「Destiny」もユン・サンのプロデュースチームOnepieceの作品。LOVELYZのキレイで澄んだ歌声が期待される曲だ。
TWICEも同じ日、2ndミニアルバム「PAGE TWO」でカムバックする。昨年10月、デビュー曲「Like OOH-AHH」でロングヒットを飛ばしたTWICEは、今回も彼女たちならではのポップで明るいエネルギーを強調。タイトル曲「CHEER UP」は躍動的なリズムと、洗練された清涼感のあるサウンドが印象的なナンバーだ。
TWICEは24日午後11時30分、ニューアルバムの発表に先駆け、ポータルサイトNAVER Vアプリを通じてカムバックカウントダウンを行う。今回も「Like OOH-AHH」に続き、ヒットを飛ばすことができるのか関心が寄せられている。
SEVENTEENもLOVELYZ、TWICEと同じ日にカムバックする。SEVENTEENはアルバムセールスで、すさまじい競争力を持っているが、今回発表する1stアルバム「LOVE&LETTER」は、予約販売で15万枚を突破する記録を打ち立てた。
タイトル曲「きれいだ」はビビッドカラーと幻想的な雰囲気が融合し、奥深い魅力をアピール。華やかな光とネオンの中で爆発する若さを表現し、青春のさわやかさを表現した。SEVENTEENならではの清涼感あふれるメロディーや、感覚的な映像が視線をくぎ付けにする。SEVENTEENが昨年の成果に続き、今回のアルバムでどんな記録を打ち立てるのか注目される。

2016.04.24

blank