東方神起のジェジュン,メディア試写会出席

 

所属事務所SMエンターテイメントと法的争いを起こしているグループ東方神起のジェジュン(ヒーロー)が、公式席上に現れた。

 

『天国の郵便配達人』のメディア試写会  『天国の郵便配達人』のメディア試写会

9日にソウル市の往十里CGVで開かれた映画『天国の郵便配達人』のメディア試写会の場だった。それはまた、ジェジュン(ヒーロー)の映画デビューを知らせる舞台でもあった。 ジェジュン(ヒーロー)は「今、こんな時期に私が顔を出すこと自体も辛かったが、今回の試写会は必ず出席しなければと思った」と話し始めた。

「時期的には辛かったが、必ず試写会に出て、作品を自らも祝わなければいけないのではと悩み、結局出ることにした。心配しているファンにはこの映画で慰労したい。ファンが非常に心配してくれていると思うが、心配の中で慰めになるだけの面白い作品になればと思う」と願った。 『天国の郵便配達人』は、東方神起が4thアルバム『呪文- ミロティック』で一段と忙しい時の撮影だった。「カムバックを前にしたあわただしい時期で集中力が落ちた状態だったので、監督に申し訳ない姿をすごく見せたようで残念だ。時間的に余裕がたくさんあれば、もっと一生懸命頑張ったのに…」と残念さを残した。

天国の郵便配達人 天国の郵便配達人 天国の郵便配達人

ジェジュン(ヒーロー)は「映画の台本を始めてもらって見たので、どうすればいいのかどんな感情で表わせばいいのか分からず初めはすごくとまどったが、監督が演技を全く知らない新人に優しく教えて下さったおかげで、撮影を無事に終える事ができたと思う」とし「演技にこの作品で初めて触れたが、新鮮な挑戦だった。映画館で私の顔が出るのを見るのが初めてなので緊張するが、笑いながら見てくれて有難い」と伝えた。

テレシネマは韓国のドラマPDと日本のドラマ作家が、映画とドラマを同時に制作したプロジェクト作品で、『天国の郵便配達人』でハン・ヒョジュは愛する人をあの世に送った女ハナ役を、ジェジュン(ヒーロー)は天国に送る手紙を配達する男ジェジュン役を演じた。

2009.11.20

blank