演技における「二つの恋愛」ギュリの日本語VS「猟奇的な彼女2」ビクトリアの韓国語

演技における「二つの恋愛」ギュリの日本語VS「猟奇的な彼女2」ビクトリアの韓国語

アイドル歌手出身の女優パク・ギュリ(元KARA)とビクトリア(f(x))が演技で認められるため奮闘した。何よりも2人が注目されるのは言語の壁を超えた挑戦を選択した点だ。韓国人であるパク・ギュリ(27)は日本語での演技を、中国人であるビクトリア(29)は韓国語での演技を試みた。

まず、パク・ギュリは14日に(韓国)公開した映画「二つの恋愛」でスクリーンデビューを果たした。ガールズグループ「KARA」のリーダーとして活動し、韓国や日本で大きな愛を受けていたパク・ギュリはドラマ「チャン・ヨンシル」に続いて映画でも安定感のある演技を見せ、合格点を獲得した。

異国的な容姿のパク・ギュリは「二つの恋愛」で取材のために日本から韓国にやって来た在日韓国人記者役を担った。在日韓国人役であるだけに、日本語のセリフが多かった彼女は「KARA」の海外活動で培った優れた日本語能力を見せた。それだけではない。韓国語が未熟なキャラクターに合わせ、つたない韓国語の演技を引き出し、これまでの研究や努力を感じさせた。

映画は恋を前にして正直な男の現実的なロマンスを描き、パク・ギュリ以外にもキム・ジェウク、チェ・ジョンアンらが出演する。規模の大きな映画ではないため、美化されず現実的な恋に近づけるために努力したとのことだ。

一方、過去に大ヒットした映画「猟奇的な彼女」はシーズン2が制作され、ファンの熱い関心を導いている。主人公は前編の主演チャ・テヒョンと“新たな彼女”ビクトリアだ。

劇中、ビクトリアが演じる“彼女”は普通の男キョヌの初恋だ。“猟奇的な彼女”チョン・ジヒョンがチャ・テヒョンに会うはるか前、ビクトリアが思い出の一ページを飾っていた。幼い頃、友達の冷やかしでキョヌを助けた彼女は大陸の裕福な一家の一人娘だ。その時期の約束だけを信じて純粋に(?)、再び韓国を訪れる。

今回の作品では猟奇的な新婚生活が描かれる。小心者のキョヌと彼を改善させようとする彼女のハツラツな姿を通して、笑いを提供する予定だ。

ビクトリアは外国人として初めて、100%韓国語の演技に挑戦した。チョ・グンシク監督は当初、韓国語のできない役柄であるため言語に関して負担を抱かず演技するよう望んでいたが、ビクトリアが志願して血のにじむ努力をしたという。

制作報告会でビクトリアは「チャ・テヒョン先輩がとても演技が上手で、相手をすぐに(役に)没入させてくれる」と話し、チャ・テヒョンは「ビクトリアはチョン・ジヒョンに劣らない魅力がある」と称賛し、2人の呼吸に期待感を仰いだ。来る5月5日、韓国公開となる。

WOW!korea提供

2016.04.15

blank