「JYJ」ジュンス、ドラマOSTでチャート席巻「驚き、感謝している」

「JYJ」ジュンス、ドラマOSTでチャート席巻「驚き、感謝している」

韓国男性グループ「JYJ」ジュンスの歌ったKBSドラマ「太陽の末裔」OST(オリジナル・サウンド・トラック)「How can I love you」が発売されるや、パーフェクトな成績を記録した。ジュンス(JYJ)が驚きと感謝の気持ちを伝えた。

ジュンスは「『太陽の末裔』OSTの最後の走者だから、チャートの欲はなかったが驚き、感謝している」とし、「曲が甘くてドラマも良くて、多くの方々に愛されたらうれしい」と伝えた。

ジュンスのこのような成績はフィナーレの音源らしい成績だ。14日0時に公開された「太陽の末裔」OST Part.10「How can I love you」は午前8時基準、MelOnやMnet、genie、NAVERミュージックなど、韓国国内8大音源配信チャートすべてで1位を獲得した。

「太陽の末裔」第8話でジュンスの音源がサプライズ公開された後、国内外のファンの熱い反応と正式な発売への期待が音源チャートで爆発するように、リアルタイム急上昇グラフを作り出し、発売1時間後、国内のすべてのチャート1位を総なめにするパーフェクトな成績を記録した。

ジュンスのOSYは甘い愛の歌で、これまでドラマ「太陽の末裔」で“ソンソンカップル”(ソン・ジュンギ&ソン・ヘギョカップル)の気持ちを表現するときに流れていた。ジュンスのOST参加のニュースが伝わるや海外ファンの音源発売の問い合わせが殺到し、ことし3月の名古屋と東京で開かれたジュンスのコンサートで日本ファンが「太陽の末裔OSTが聴きたい」というプラカードを掲げて話題になったりした。

さらにジュンスはソン・ジュンギ主演のKBSドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」や「優しい男」に続き、「太陽の末裔」までチャート席巻の主人公となり、“OSTパーフェクトコラボ”であることを改めて立証した。

WOW!korea提供

2016.04.14

blank