アニメ『冬のソナタ』の日本初の放映を記念イベント開催!

 

ペ・ヨンジュンとチェ・ジウが、29日東京ドームで、アニメ『冬のソナタ』の日本初の放映を記念するイベントのため、東京ドームで5万余人の観客と感激の再会を果した。

 

アニメ冬のソナタイベント

 

27日、日本を公式訪問したペ・ヨンジュンは、29日チェ・ジウとともにアニメ『冬のソナタ』で、7年ぶりに一つの舞台に立った。

 

この日の二人は300人余りの取材陣の前で、午前11時から約一時間の記者会見を行い、午後6時から二時間以上にわたり東京ドームでイベントを開いた。イベントが始める日は、早朝から日本全国はもちろん、アジアや米国などから集まったファンで、東京ドームは2kmの列ができた。 アニメ『冬のソナタ』の1部の試写が終わって、ペ・ヨンジュンは冬のソナタの曲と共に舞台の後方から熱い歓呼と共に登場し、チェ・ジウは舞台の下からリフトに乗って舞台の上に上がった。

 

ペ・ヨンジュンは4階までぎっしりと埋まった観客席を見て感激しながら舞台の前方まで出て、ドラマの一場面を連想させるようにチェ・ジウと抱擁し、観客たちはそんな二人を見て感激の涙を浮かべた。 イベントのハイライトは、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウが舞台の後方にあった雪だるま形の熱気球に乗って、東京ドームを一周して観客一人一人と目を合わせながら挨拶を交わした光景だった。

 

アニメ冬のソナタイベント二つの雪だるまの熱気球は、ドームを半周ずつ回って中間で出会い、雪だるま同士がキスをする『冬のソナタ』の一シーンを演出して、観客から熱い歓呼を受けた。ペ・ヨンジュンが3、4階の観客のために熱気球でもう一周すると、予想していなかった観客たちは絶えず白いハンカチを振って歓呼し、「ヨン様、サランヘヨ」と叫んで涙の再会を満喫した。ペ・ヨンジュンは、込み上げる感動に目がしらを熱くして、心からの感謝を伝えた。 退場後ペ・ヨンジュンとチェ・ジウは、リフトに乗ってもう一度サプライズで登場し、立ち上がりかけていた観客たちは、全員席に戻ってペ・ヨンジュンの最後の挨拶に耳を傾けた。

 

この日のイベントは、日本全国24ヶ所の劇場で衛星生中継され、劇場の観客5千人余りは東京ドームの4万 5千人の観客と感動の瞬間を共有した。またペ・ヨンジュン、チェ・ジウ以外にも、声で出演したカン・ヨファン、イ・セナ、イ・ヨンユが参加して、アニメーションの製作に関連したトークショーを行い、カン・ヨファン、イ・セジュンなどアニメーションのOSTを歌った歌手のライブ舞台も行われた。

 

2009.10.05

blank