「取材レポ」KangNam(カンナム) 、TWICE、Heize、HOTSHOT、JJCC、CLCが「KCON 2016 Japan」2日目のコンベンションステージに登場!

DSC_5857

千葉・幕張メッセにて2016年4月9日と10日の2日間に渡って開催された世界最大級のK-Cultureフェスティバル「KCON 2016 Japan」コンベンションではK-POP、K-FOOD、K-BEAUTY、K-DRAMA、K-FASHIONなどの韓国文化を体験できるブースが立ち並び、ライブやトークショーなどのイベントが開催された。

DSC_9180 DSC_9272TWICE

開催2日目にあたる4月10日(日)「Mnet×haru*hana M-time公開収録」のイベントでKCON STAGEに登場したのは、これが初来日となる2015年10月に韓国でデビューした話題の9人組ガールズグループTWICE。

DSC_9248 DSC_9251 DSC_9260 DSC_9275 DSC_5746 DSC_9304

待ちかねたファンからの大歓声で迎えられた気分を尋ねられると、日本人メンバーのサナが「ここに着いた時にたくさんの方たちの歓声が聞こえてきて、すごいドキドキしています」と答えた。
今回の公開収録は人気雑誌haru*hanaとのコラボレーションということで、ステージ上でメンバーへのインタビューが行われ、日本で行ってみたいところや、これから挑戦してみたいことなどがメンバーの口から語られた。

DSC_9321 DSC_9325 DSC_9338

「1番愛嬌のあるメンバーは?」という質問にはナヨンとサナが選ばれ、その場で可愛らしい愛嬌を披露。
さらにグラビア撮影の様子もステージで公開され、キュートなポージングでファンを魅了した。
最後にリーダーのジヒョから「これから日本に来る機会が多くできればうれしいです。韓国でリリースされる2枚目のアルバム『Cheer Up』もたくさん愛してください!」とファンへのメッセージが伝えられた。

DSC_5868KangNam(カンナム)

続いて公開収録のステージに登場したのは人気ヒップホップグループM.I.BのKangNam(カンナム)。

韓国のバラエティー番組でブレークを果たした彼が、ついに日本での活動を本格始動させる。5月に日本でのソロシングルがリリースされ、同時期にharu*hanaでは自身の連載ページがスタートする。そこで今回のイベントは、haru*hanaの編集長を交え、会場のファンを巻き込んでの公開企画会議となった。

DSC_5901

「どうも皆さん、こんにちは!KangNamです」と登場するや、「声出してこうよ!ソリジッロー(叫べー)!」とライブのようなテンションで会場を盛り上げる。

DSC_5848

DSC_9501

連載の内容を考えている間も客席のファンからの声に応え、MCやharu*hana編集長とも実に気さくに会話し、KangNamペースのトークはこの日も絶好調。MVの撮影まで終了している5月25日リリースのデビューシングル「Ready to Fly」のアピールもしっかりとして、「これから音楽活動いっぱいしていきます!応援よろしくお願いします!」と意気揚々にステージを後にした。

DSC_9556Heize

同じくKCON STAGEで開催された「ずっともっとK-POP LIVE」では、Heize、HOTSHOT、JJCCの3組がミニライブを披露した。
イベントのスタートをきったのは、女性ラッパーのサバイバル番組「UNPRETTY RAP STAR 2」に出演し、人気アーティストの仲間入りを果たしたHeize。クールなラップを披露しながらも、客席とのコール&レスポンスが決まると、「すごい〜!」と日本のファンの熱い応援に感動する姿はとてもキュート。

DSC_9567 DSC_9561

今回のKCON出演が自身にとっての初めての海外公演だそうで、これを機に日本語の勉強を始めたと話す。「日本でも活動してみたいです!日本大好きです!」という意気込みも示した。

DSC_9588 DSC_9575 DSC_9580 DSC_9584 DSC_9620HOTSHOT

次に登場した6人組ボーイズグループHOTSHOTは、6月8日にリリースされる日本デビューシングル「Step by Step」からライブスタート。激しいダンスに「めちゃくちゃ大変です!」と言いつつも、汗を光らせながらダンスナンバーをさらに続けて披露し会場を盛り上げた。

DSC_9592 DSC_9596 DSC_9599 DSC_9602 DSC_9605 DSC_9607

HOTSHOTの魅力について、リーダーのジュンヒョクは「メンバーの背もバラバラで、顔もアイドルっぽくないですが、それとは違う魅力があるんです!」と熱く語った。

DSC_9670 DSC_9637 DSC_9634 DSC_9633 DSC_9627JJCC

最後を飾ったのは、ジャッキー・チェンがプロデュースする話題のボーイズグループJJCC。

5月4日にリリースされる日本デビューシングルからタイトル曲の「今すぐに」など全6曲を披露した。

DSC_9643 DSC_9645 DSC_9649 DSC_9652 DSC_9656 DSC_9660

「僕らのステージは観客の皆さんと一緒に楽しむのがモットーです!」と話すのはラップ担当のイコ。リーダーのシンバはキューカードを読み上げる形ではあるが、日本語で今後の活動についてのアピールをした。6月からはMnet JAPANオリジナル番組もスタート。個性豊かなJJCCのメンバーがどんな姿を見せてくれるのか、今後の日本での活動に期待が高まった。

DSC_9491 CLC

会場内ではTSUNAGARU STAGEも開催され、登場したのは“Crystal Clear”(水晶のようにきれいで透明)という意味を持7人組女性グループCLC。
ピンクと白の妖精のような衣装で登場すると、「こんにちは、Crystal Clear CLCです!」とあいさつ。

DSC_9407 DSC_9410

ファンの歓声に迎えられ、ユジンは「思ったよりたくさんのファンの方が来てくださってうれしいです!」と感激した様子。KCONのステージが日本での初公演となるCLC。日本で行ってみたい場所についてスンヨンは「神戸の夜景を見にポートタワーに行きたい」と答え、美の秘訣についてイェウンは「夜、毎日マッサージすることです」と言うと頭、体、足を指差しながら「全身をマッサージしてます」とジェスチャー付きでにっこり微笑み、ファンのハートを虜に。

DSC_9425 DSC_9473

愛嬌披露もしてみせたイェウンとユジン。スンヨンが「実は愛嬌、練習しているんですよ」と明かすと、スンヒが練習の成果をみせることに。恥ずかしそうに披露するスンヒの愛嬌に会場が沸いた。

MCの質問にもほとんど日本語で応じたCLC。日本語の勉強も頑張っているというメンバー。最近覚えた日本語は「胸キュン」と恥ずかしそうにスンヒが打ち明けると、会場のファンも胸キュン。

DSC_9476 DSC_9483

箱の中身を当てるゲームも行われた。CLCのブレイン、ソンが恐る恐る箱に手を入れる。他のメンバーが「ファイティン!」と見守る中、「何だろう?恐い~!」と言いながらも「足のツボをマッサージするやつ」と答え、見事正解。なぜわかったのかと問うMCに「お母さんが使ってて(笑)」とお茶目に応じた。

エルキーもチャレンジ。箱の中に手を入れると「朝も食べました」とすぐに分かった様子で「バナナ!」と笑顔で答えた。

DSC_9486 DSC_9432

4月13日(水)日本デビューミニアルバム「High Heels」を発売し、日本活動のスタートを切るCLC。17日(日)には品川インターシティホールにてファーストショーケースも行われ、「ぜひ私たちに会いに来てください」と可愛くアピールした。スンヨンは「今日は私たちに会いに来てくださって本当にうれしかったです」と感謝を伝え、「以上、CLCでした!ありがとうございました」とファンに手を振り、サランへマークを作るなどしてステージを後にした。

DSC_9551 DSC_9542 DSC_9548JIN SEOK(ジンソク)

K-CULTURE STAGEでは元SHU-IのJIN SEOK(ジンソク)が、K-POPカバーダンス講座で講師と共にステージに登場した。

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

■『KCON』とはー
K-POP、K-DRAMA、K-BEAUTY、K-FOODなど韓国の多様な文化を経験することができる K-Cultureコンベンションで、一つの国をテーマに文化、サービス、製品マーケットが結合された最初のコンベンション型フェスティバルとして、2012年アメリカカリフォルニア州で初開催。その後、毎年アメリカで開催し、前年比2倍以上の観覧数を集め続け、高い成長と経済的波及効果を見せています。 本格的に開催地を拡大した2015年は、 4月にさいたまスーパーアリーナで開催した『KCON 2015 Japan』を皮切りに、7月にアメリカ LA, 8月に NY、11月に済州島開催を通じ、韓国国内外観光客を対象に韓流の新しいビジネスモデルを提示。
2014年からは、韓国中小企業庁、大・中小企業協力財団、KOTRAとともに韓国国内有望中小企業を海外招待し、KCON観覧客を対象とした現場マーケティングや広報、KCON開催地バイヤーとのビジネス商談会などを通じて中小企業の海外売り先開拓の実質的な足場を提供しています。自力で海外進出が難しい中小企業の海外進出をはかるグローバル共存活動も行っています。また2016年は3月に中東での初開催後、日本、LA、ニューヨークなどさらにグローバルに K-Culture ファンが韓国の多様な文化を楽しめる機会を提供する予定です。
■開催概要
『KCON 2016 Japan』
開催日:2016年4月9日(土)、10(日) 10:00開場
開催場所:幕張メッセ国際展示ホール5~8ホール(千葉県千葉市美浜区)
4/9(土)BEAT WIN/チェ・ウシク/CLC/CODE-V/HOTSHOT/JJCC/SNUPER/THE 5tion/TRITOPS*
4/10(日)BEAT WIN/CLC/CODE-V/HOTSHOT/JJCC/SNUPER/THE 5tion/TRITOPS*
『KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN』
開催日:2016年4月9日(土)、10(日) 18:00開場/19:00開演 予定
開催場所:幕張メッセ国際展示ホール7,8ホール(千葉県千葉市美浜区)
4 月 9 日(土): AOA、キム・ソンギュ(INFINITE)、Lovelyz、MONSTA X、ニコル、N.Flying、WINNER、ZICO
スペシャル MC:ハン・スンヨン、ユナク(超新星)、ソルヒョン(AOA)
M&G 参加アーティスト:12:00~MONSTA X 13:00~ハン・スンヨン、14:00~N.Flying、15:00~ニコル
4 月 10 日(日):2PM、Block B、BOYFRIEND、DAY6、Heize、チョンジン(SHINHWA)、KangNam、TWICE
スペシャル MC:ハン・スンヨン、ユナク(超新星)、ウヨン(2PM)、テギョン(2PM)
M&G 参加アーティスト:12:00~TWICE 13:00~DAY6、14:00~Block B、15:00~BOYFRIIEND
主催:CJ E&M /CJ E&M Japan
企画:Mnet
制作・招聘:Promax
特別協賛:HotelsCombined
協賛:株式会社ファミリーマート/株式会社ファミマ・ドット・コム/株式会社農心ジャパン/スカパーJSAT株式会社/エバラ食品工業株式会社/眞露株式会社
パートナー:韓国中小企業庁/大・中小企業協力財団/KOTRA/CJジャパン株式会社
運営/お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00~19:00)
公式 HP:http://www.kconjapan.com
公式 Twitter @kconjapan
公式 Instagram @KCONJAPAN
■「KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN」 放送/配信情報
Mnet Japan(CS 放送)
本放送:4/14(木)18:00~20:30 (字幕なし)
再放送:[字幕なし]4/16(土)18:00~20:30
[字幕あり]4/17(日)23:15~25:00 、4/12(火)11:00~12:45、
5/1(日)10:00~12:00、5/9(月)25:00~27:00
詳細ページ:http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1648
Mnet Smart(動画配信サービス)
本放送:4/14(木)18:00~20:30 (字幕なし)
詳細ページ:http://smart.mnet.com/program/1648

KangNam日本公式ファンクラブ: http://kangnam.jp
HOTSHOT JAPAN OFFICAL SITE:http://hotshotforever.jp/

2016.04.11

blank