俳優パク・ヘジン、中国でのファンミ生中継の費用を寄付!

201604081011771322_570708e98412e

俳優パク・ヘジンが、ファンミーティングで発生する中国での生中継の費用を全額寄付するという。
パク・ヘジンは、最近デビュー10周年記念のソウルでのファンミーティングに中国最大の動画サイトYouKuで中国での独占生放送を破格的に推進した中、YouKuから受け取った生中継の費用全額を障害福祉センターに寄付することに決定した。
児童福祉センターは、家族のいない病気の子供達が医療の恩恵を受けることができるように支援する中国の民間慈善団体で、子供達の手術前後の回復を助けたり、治療を受けた後養子縁組ができるように手伝う機関だ。パク・ヘジンが長い間支援している所で、パク・ヘジンは中国で自身の名前をつけた映画館で発生した収益金もやはり彼らの手術費とリハビリ治療のために寄付した事がある。

当時、一回だけの寄付ではなくて、手術を受けた人々を直接訪ねて励まして持続的に縁を持ったことが知られながら現地で注目された。また、去年中国で善行を施した俳優10人にだけ授与される「俳優公民共益大賞」の授賞式に韓国人で初めて受賞するという特別な栄誉を受けたことがある。
また、韓国ではもう9年目ななる煉炭奉仕活動を続けているし、去年の誕生日にはソウル竜山区(ヨンサンク)の児童保育施設に5千万ウォン(約470万円)を寄付するなど、子供達に向けた優しさを見せた。

忙しいスケジュールの片手間に数え切れないほど沢山のの寄付と奉仕を続けて来たパク・ヘジンは、去年5月に807番目の「オナー・ ソサエティー(Honor Society)」の会員になり、保健福祉部主催の「第1回幸せを分けた人賞」の授賞式では、芸能人としてただひとり、保健福祉部長官賞を受賞したりした。
所属事務所の関係者は、「大きな愛を受けたぶん、それを返すために今後もずっと韓国に留まらず助けが必要な所にはいつでも駆けつけるという思いである」と伝えた。

パク・ヘジンは、23日にソウルオリンピック公園のSKハンドボール競技場で惜しみない愛を与えたファンに対する感謝の思いを込めて「デビュー10周年記念ファンミーティング」を無料で開催する。このファンミーティングは、中国のYouKuでの生中継だけでなく韓国最大のポータルサイトNAVER Vアプリを通して全世界に生中継される予定だ。

2016.04.09

blank