「取材レポ」神話チョンジン" 彼女と話しているようでうれしかった"日本公式ファンクラブOPENを一緒にお祝い、ファンミーティングin TOKYO開催!

publicpreview (8)伝説のアイドル「神話」のメンバーとして絶大な人気を誇るチョンジンが、4月3日(日)「2016 チョンジン ファンミーティング in Tokyo」を東京・品川インターシティホールにて昼夜2公演、開催した。

 

チョンジンは、神話(SHINHWA) のメンバーとして、1998年3月、デビュー。神話は、「T.O.P.」、「Wild Eyes」、「Perfect Man」、「Brand New」など多くのヒットを飛ばし音楽シーンのトップを走り続けてきた。韓国アイドル史上、メンバー交代することなく17年間活動を続け、韓国、日本のみならずアジアでも絶大な人気を誇る。
チョンジンは、昨年末には7年ぶりとなるソロアルバムをリリース、大好評を博しており、今年2月のソウル単独コンサートは発売5分でチケットは完売となり、高い人気を立証した。

publicpreview (5)夜の部の開始が告げられ、会場が暗転、チョンジンがステージに登場すると、オレンジのペンライトが小刻みに揺れ、イベントの主人公を大歓声で迎えた。バラードの歌声に黄色い歓声が上がり、客席にマイクを向けると何小節も歌ってくれるファンに「すごいな」と何度も感心するチョンジン。 大歓声の中、歌が終了し、MCの古家正亨を迎え、トークへ。
まず日本語で「皆さんこんばんはチョンジンです。皆さんと一緒にいて幸せです」とあいさつすると、MCの「(今日は)日本語でいけますね?」の言葉に困った表情のチョンジン。 日本語と韓国語を取り混ぜての楽しいトークが約2時間繰り広げられた。

publicpreview (2)2001年日本で神話として活動を始めた頃のファンについては「とても親切で、じっくり聴いてくださるのでピュアな印象を受けた」とし「情熱的に応援してくださるのは、今も昔も変わりないが、曲が終わってから拍手してくださるので、見守ってくれる感じが良い」と日本ファンを誉め称えた。
ソロ活動については、「はじめてのソロ活動は慣れなかったし、寂しかった。メンバーと一緒だと楽しいので、好きなんです」とメンバーへの愛情を示し、俳優チョンジンについては「当時は若かったですし、至らない面もあった。今となっては良い思い出として僕の中に残っている。あの経験があったからこそアーティストとして成長できたので、これからはもっと良い姿をお見せしていきたいと思います」と今までの活動を振り返った。
publicpreview (3)ファンとの交流が素晴らしいと「コミュニケーション王」と呼ばれる秘訣を聞かれると「心から感謝申し上げます。今日は、休憩時間にVアプリで皆さんにお会いしました。ファンの皆さんの書き込みを読むのも楽しいですし、顔を見ることできなくても、皆さんの考えていることを知ることができる。僕も飾らない姿をお見せできるし、皆さんが喜んでくださっているので、とてもありがたいという思いです。Vアプリからは賞をもらいました」とファンへの思いやりの言葉に、会場からは大きな拍手が送られた。
「2015 Asia Tour #REAL#」は、韓国、中国、追加公演もあり、日本からもたくさんのファンが駆けつけたことに「このツアーにたくさんの方が来てくださって、とてもうれしかったです。久しぶりにアルバムも出してツアーもできて、僕にとっても意義深いツアーになりました。ツアーで日本にも来たかったが、今回は日本にはファンミーティングとして来まして、今日は1回目2回目とたくさんの皆さんに来ていただいて感謝しています。次回は、ダンス、歌を皆さんにお見せしたいと思います」と次回への期待感に会場から大きな拍手が沸き起こった。

publicpreview (1)

今までの活動を振り返ったあとは、「チョンジンさんに一問一答~!」コーナー。「朝一番にすることは?」「水を飲む」から始まり15の質問に軽快に答えていくチョンジン。
一通り答えた後に、気になる答えを掘り下げていくことに。
好きお酒は焼酎で、1週間に2回ほど飲むと答えた時、ファンから「えー!」と疑問の声が上がったことに「休みの日に友達と予定があえば飲むけど、家で一人では飲まないです。メンバーと離れ一人暮らしを始めた頃は飲み過ぎたけど、一人で飲むと沈んだ気分になるから最近は、飲まないようにしています。お酒は強いから、皆さんが誤解しているんだと思います(笑)。ファンからのプレゼントもお酒が多いです。公演後スタッフの皆さんとの会食で、その美味しいお酒を一緒に楽しんでいますので、感謝しています。これからは、お酒ではなく、(飼い犬)ポドとジャクソンのおやつにしていただけたら…」に、会場からは「あ~~」と納得の声が。
「ポドとジャクソンに今までにも、おやつをいただいたことがあるのですが、彼らが『皆さんに感謝の気持ち伝えて欲しい』と言っていました。彼らは、日本のファンの皆さんに『愛してるよー(日本語)』とも言っていました。僕は彼らの目を見ると、コミュニケーション取ることができるんです」と真面目な答えにMCが「本日のゲストは、ソウルのムツゴロウでした(笑)」と締めると、会場は大爆笑。
先ほどポドとジャクソンどちらが好き?の質問にどちらも好きと答えたチョンジンからMCに逆質問。
「お父さんとお母さんどちらが好きですか?」「まぁ、それは二人ですよね~」のMCの答えに「それと同じですよ!」と突っ込んでMCの古家正亨をたじたじにした。
自分を動物に例えると、“猿”と答えたことについては「子供の時に友達からドラゴンボールの悟空に似ていると言われていて。耳のせいもあると思うんですけど…」と説明しているとMCから「じゃあ、エネルギー パー!(カメハメハ~!)とかやっていました?」と振られ「いいえ、『やった』と言ったら、やらされるでしょ?一回もやったことない!!!絶対に!!」と全面否定の姿に再び会場は爆笑に包まれた。
一番セクシーだと思う表情は?にも「見本を見せてください」とチョンジンがMCに無茶ぶり。
「僕がやればやってくれるんですね?」と椅子から立ち上がり、セクシーなポーズをするMCに「そのしぐさ(セクシーというより)面白かったですよ」とダメ出ししてから、自分は流し目をして「ごめんなさい~」と恥ずかしがって顔を伏せ、会場のファンをメロメロにした。
publicpreview (4)楽しいトークが続いたあとはゲームコーナーへ。
一つ目のゲームは、イヤホンから流れる日本語を聞いたチョンジンが、口にした日本語を選ばれた10名のファンが当てるゲーム。
「僕は一回聞いて、その通りに言えます!」と自信満々のチョンジン。
演じるように「実に素晴らしい」「同情するなら、金をくれ」をスラスラ言い、「同じ穴のむじな」では、自信なさそうに「同じ穴…」と言いかけ、ファンに助けてもらう場面も。だんだん難しくなっていく問題に「音が小さい」とボリュームアップをスタッフに頼み「安心して下さい」と淡々と言い、司会から「今後コンサートで良く使うと思いますよ。もう一度言ってみてください」意味もわからぬまま「安心して下さい」と再度、弱々しく言い「意味は?」と問いかけ「ただパンツを穿いてるってことです」の答えにますます迷宮入りしていくチョンジン。

そのあと、「サザエでございます~」や「僕は、死にましぇーん。あなたのことが好きだから」をMCの見本通りにやろうとするが、吹いてしまったり、恥ずかしそうだったりしながらも、一生懸命チャレンジする姿に、拍手と笑いが会場に大きく響いた。
最後は「ダメよ~ダメダメ」で会場を大爆笑の渦に巻き込み終了。
publicpreview (6)
次は逆に、選ばれたファン5名が聞いた韓国語を口にしたものをチョンジンが当てるゲーム。
難しい韓国語の発音に「良く当てたな」「僕がうまく当てたんだと思います」「どんなゲームにも最善を尽くします!」と5問全てを当て満足げなチョンジン。
イベントも中盤、一旦退場したチョンジンがラフな黒のトップスとデニムに着替えステージに戻り、バラード「날 사랑해라..(俺を愛してくれ..)」を歌唱、ハスキーで甘い歌声を披露し、ファンのハートを射抜いた。

 

最後に、チョンジン日本オフィシャルファンクラブ「JUNJIN JAPAN」が本日オープンしたことについて触れ、
「2016年春のスタートを皆さんと一緒に過ごすことができて、本当にうれしく思いますし、今年は良いことがたくさんありそうな予感がします。皆さんにも、良いことがこれからもずっとありますように願っています」とあいさつ。
ファンからは、「キャンプやファンクラブ限定コンサートなどを行って欲しい」との声が上がり「キャンプについては、秘密です。僕はVアプリもしていますが、ファンクラブが、身近にコミュニケーションを取れる空間になるのではないかと思っています。皆さんと遊びながら、楽しい空間を作っていきたいです。たくさん期待してください」と今後、日本でのファンとの交流の抱負を語った。そしてファンクラブ創立記念として、ファンをバックに記念撮影したあとは、「心からお礼申し上げます。4月10日にKcon、上海ではMcountdownで皆さんにお会いできると思います。今日はこんなに近くで、彼女と話しているみたいな気がしてうれしかったです。愛してるよ(日本語)」と最後のあいさつをし「아픈 사랑 (切ない愛)」へ。前奏が流れるとファンからのメッセージプラカードが掲げられ「ありがとうございます」と笑顔でお礼を言い、美しい歌声でステージを締めくくった。
ステージ終了後は、来場者全員とのハイタッチ会があり、ファンと直接交流し、絆を結んだ。publicpreview (7)

会場の一体感から、チョンジンとファンの絆を垣間見られたイベントであった。
日本公式ファンクラブもオープンし、これからの日本の活動を約束したチョンジン。これからの活動にも期待したい。

 

(c)2016 Daydream Entertainment & SSE, Inc.
取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

Support and Service for Entertainmentを展開する株式会社エス・エス・イーは、2016年4月3日(日)“神話”のメンバー【チョンジン】(韓国事務所DaydreamEntertainment)の日本公式ファンクラブ『JUNJIN JAPAN OFFICIAL FAN CLUB』をオープンいたしました。

 

『JUNJIN JAPAN OFFICIAL FAN CLUB』
URL:https://www.junjin-japan.com/

・ファンクラブ特典
【1】会員証の発行
【2】オリジナルお名前入りフォトブック
【3】グリーティングカード(不定期発行)
【4】会報誌の発行(不定期発行)

・入会金と年会費について
入会金:1,000円(税込)
年会費:5,000円(税込)

・決済方法
下記の2種類から選択いただけます。
《クレジットカード決済》VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS
《コンビニオンライン決済》ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクス、ミニストップ、スリーエフ、デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリー ス、セイコーマート

2016.04.07

blank