RAINがアジアツアー初日、記者会見を開催!

RAIN韓国のスパースターRAIN(ピ)が、8月29日・30日さいたまスーパーアリーナにて 「LEGEND OF RAINISM 2009 RAIN ASIA TOUR IN JAPAN」を開催、アジアツアーをスタートさせた。

 
29日コンサート直前に記者会見を行い、2年ぶりとなるツアーの意気込みを語った。 「みなさん、こんにちは。RAINです。宜しくお願いします。」と流暢な日本語で挨拶し、 「アジアツアー初日が日本でのコンサートになり、本当にうれしく思っている。」と挨拶した。
 

コンサート前に緊張しているかとの質問に

「緊張するというよりも、非常に楽しいという気持ちの方が先立っている。コンサートという形ではあるが、 ファンのみなさんと一緒に過ごすという、別の形のファンミーティングだと思っている。とても楽しく思っているし、 そしてこの公演をどのように見せていくか、どのようにステージを引っぱっていくかにポイントを置いている。 今までは、特殊効果や過激なパフォーマンスを見られていると思いますが、今回はシンプルで私自身フォーカスしたような 自然で余裕が出てきた『RAIN』を見せたいと思っている。ドキドキはしているが、それ以上に自ら楽しんでいる。」 と、語った。
 
RAIN「今回のコンサートの準備に関しては、約6ヶ月間の準備をしてきた。  以前は華麗でダイナミックなパフォーマンスであったが、今回はシンプルでモダンでクリーンな感じ。 皆さんが楽しむ事ができるステージになっている」と自信をのぞかせた。

 

RAINといえば、ダンスパフォーマンスだが、久しぶりのコンサートでダンスの準備が大変ではなかったのか? との質問に

「人が箸を持ってごはんを食べるように、僕にとってダンスはそのぐらい自然なもの。 ダンスを15年間やってきて、さらにこの2年間トレーナーに付いて練習してきた。 今回のステージでも、また新しいダンステクニックを見てもらえると思う。 この2年間は映画を中心に活動してきたが、今まで見られなかった姿、そして皆さんがよく知っている姿を融合して、 さらに皆さんが楽しめて魅了できるダンスを見せていこうと思っている。 ダンスは、テクニックよりも自分がどれだけ楽しんでできるかという事が重要なので、今回も思いっきり楽しんで 皆さんにお見せしたい。」と笑顔を見せた。

 

また、RAINが尊敬するというマイケル・ジャクソンについて質問には、

「マイケル・ジャクソンは、最高のパフォーマーで、私にとってはダンスを始めるきっかけになった重要な人。 今日(29日)は彼の誕生日であるが、実は彼が亡くなった6月25日は私の誕生日でした。 何か因縁をとても感じています、とにかく彼は最高なアーティストだと思っています。」と尊敬と無念な気持ちを述べた。

 

そして、ファン待望のドラマの予定に関しては、

RAIN「ドラマをやろうという気持ちはある。今、大作よりもっと身近で気軽な、そして共演の俳優の皆さんと呼吸が合うような ドラマを探している。 今秋、映画『ニンジャ・アサシン』が全米で公開予定であるが、スケールが大きかっただけに撮影がかなり大変だった。 もう少し、自分も軽快に出来て多くの人が気軽に楽しめるような恋愛ものなどに出たいと思っている。 2作位、良いと思うものがあるが、まだ確定していない状態。」と説明した。

今後のツアーは、中国、韓国、そしてアジアの国々の公演の予定であり、 『ニンジャ・アサシン』が公開になった後に、時間があれば、ヨーロッパ、アメリカにも行きたいと希望を持っている。 また、日本で『ニンジャ・アサシン』のPRに来た時にファンミーティングを計画して行なおうとも思っていると話した。

最後に、「いつも忙しい日程で来日することが多いが、毎回多くの皆さんに応援して頂いて感謝している。 今後はもっと幅広い地域で活動すると思う。

今秋には映画の公開もあるし、その後には新しいアルバムの リリースも計画してる。これからも応援をよろしくお願いします。」とファンにメッセージを残した。

「ありがとうございました。」と日本語で挨拶したRAINの顔には自信が満ち溢れていた。

RAINのLEGEND(伝説)がまた新しく始まる・・・。 大いに期待できそうだ。

ワールドスター RAIN(ピ)の日本におけるオフィシャルサイト

【J TUNE CAMP RAIN JAPAN OFFICIAL SITE】 (http://www.rain-jungjihoon.jp)が、9/1(火)14:00オープン

オフィシャルサイト オープン記念ファンミーティングが、 12月6日東京国際フォーラムにて開催が決定!

■RAIN公式コメント

 

RAINみなさんこんにちは、RAINです!

ツアー初日ということで、緊張もしましたし、みなさんに気に入っていただけるのか心配もしましたが、 精一杯準備した舞台を楽しんでいただいたようで、本当に幸せな時間を過ごすことができました。

何より、みなさんが最後まで立ち上がり、盛り上げていただいたことを、とても嬉しく思っています。

初日のコンサートで僕が怪我をしたというニュースが流れ、みなさんにご心配をおかけしましたが、 検査を受けた結果、特に問題ありませんでした。

僕はもう大丈夫ですので、心配しないでくださいね。 僕としては2作目、そして初主演となるハリウッド映画「ニンジャ アサシン(原題)」ももうすぐ公開になります。

撮影が大変だったのもありますが、みなさんがどう観ていただくのか本当にドキドキで、緊張しています。 みなさん、期待していてくださいね。

現在の夢は、まず映画を通じてRAIN、Jung Ji Hoonという人間を知ってもらうことですが、
最終的には世界的に認められる俳優とアーティストになりたいですね。

今回、故人マイケルジャッソン氏を通じて再び感じましたが、
アーティストは音楽とパフォーマンスで、後世に影響を与え、評価されるものだと思います。

デビューしてから、音楽だけではなく、パフォーマンスを通し、自分だけの独特なスタイルを作ろうと努
力してきましたが、その努力が実を結んで、未来に影響を与えられるアーティストになりたいです。

これからは、もっとみなさんに会いに日本に行けるように頑張ります。

インフルエンザが流行っていますが、みなさん、健康にも気をつけてください。

またお会いしましょう~!

2009.09.03

blank