「インタビュー」ドラマ「オー・マイ・ビーナス(原題)」ソ・ジソブのオフィシャルインタビュー

ドラマ「オー・マイ・ビーナス(原題)」ソ・ジソブのオフィシャルインタビュー

激太りしてダイエットに挑戦する女性弁護士と、世界的なヘルストレーナーの恋を描いたロマンティック・コメディ「オー・マイ・ビーナス(原題)」。ソ・ジソブがこれまでのイメージをガラリと変え、“ソ・ジソブの新発見”ともいわれた話題作だ。

いよいよ4月15日(金)からCSチャンネル衛星劇場で日本初放送されるが、日本での放送前に主演のソ・ジソブからオフィシャルインタビューが届いた。

Q. 「オー・マイ・ビーナス」に出演されたきっかけは。
今まで、ドラマでは重たいイメージに傾いていたので、新しいことをしたいと思っていました。そしてみなさんに元気を与えたいとも思っていたので、ロマンティック・コメディというジャンルを選択したんです。またこのような最初から最後まで甘い雰囲気の作品は、今の年齢だからこそできるもの。もっと年をとってしまったらやりにくいので、出演するなら今だと感じました。

「オー・マイ・ピーナス」は事件や事故、別れたりくっついたりといった劇的な展開がないドラマ。だからこそ選んだといっていいかもしれません。例えば日本ですと、おみそ汁は材料によって、様々な味に変化します。食べてみたら“あれ、違うね”というようなよい味が出せたらいい。設定はありふれているけれど、そんな味が出せるドラマだと思います。

Q. 作品のためにダイエットされたそうですが…。
今までも常に運動はしていましが、それは健康のためです。ドラマのために体づくりをするというものとは違います。世界的に有名なトレーナーという役柄で、プロのトレーナーについてもらい、“人に教える”ということを学びました。

Q. 食事制限はどのように行いましたか。
炭水化物をほとんど摂らず、野菜と肉が中心の食生活でした。元々食べることは大好きなのですが、仕事ですから我慢は必要ですよね。カカオ含有量70%以上であればチョコレートも食べられるんですよ。甘いものも好きなんです。甘いものがほしいときにはカカオ含有量90%のチョコレートを撮影の合間などに食べていました。苦いですけど…。

Q. ドラマのふたりはベストカップルにも選ばれましたね。選ばれた理由はどんなところだと思いますか。
第一にふたりが自然なこと。平凡な男女が知り合って、自然な中で愛を育んでいくところだと思います。

Q. ヨンホというキャラクターをどのように解釈して演じましたか。工夫をした点は?
病人には弱いけどピンチの人にはもっと弱いヨンホ。それは自分の心に痛みを抱えているからだと思いました。心の中から人を自然に助けてしまう、そして計算をする男でもない。どんな男か理解すれば、歩き方や言葉遣いなどの演技が自然に定まります。

Q. シン・ミナさんとの共演はいかがでしたか。
彼女とはいろいろ話し合いました。前半は太っている役柄で、彼女自身やったことのない演技で大変だったと思いますが、果敢に臨んでいましたね。特殊メイクもはじめは恥ずかしがっていたけれど、慣れてきたら、お尻やお腹など、どうやったら太って見えるか、太って見える方法を探究していましたよ。あの特殊メイク、かわいかったですね。撮影後半はどんどん欲が出て、“もっと面白くしよう”とふたりで話し合いました。また周りの俳優さんたち、そして監督さんと話し合いながら作り上げていった作品です。

Q. 第1話で、コルセットを切ったときのエピソードは?
あのシーン、実はシン・ミナさんではなく代役の方だったんです。恥ずかしかったですね。すまないな…という気持ちもありました。でもNGはなく、一発OKでした。あのようなシーンは失敗してはダメです(笑)。持ち上げて運ぶシーンでは、台本では一回で持ち上げるはずだったのですが、アドリブで2回にして、重いというのをしっかりと表現できました。

Q. お気に入りのシーンは?
スキンシップがとても多いドラマ。全体的にジュウンがヨンホを抱きしめるシーンが多くて、それがよかったですね。本来は男が女を抱きしめるのが普通だけれど、ヨンホの心の痛みがわかったジュウンが、温かく抱いてあげるというのがよかったですね。

Q. お気に入りのセリフは?
“君の体は僕のもの”というセリフが好き。これから運動をするジュウンに“ダイエットに協力する。覚悟しろよ”という気持ちの根底に、“好き”という気持ちを込めました。

Q. ソブさんご自身、ぶれない愛に必要なものはなんだと思いますか。
最初にあったときから、お互いがお互いを信じることです。

Q. 衣装やアクセサリーは私物も使っているそうですが…。
私物がとても多かったです。ふだん着ているものを現場に持って行って選んでもらっていました。

Q. 実際ダイエットに役立つと感じたトレーニングとは?
ドラマに出てくる運動は、すべてダイエットの助けになるはずです。女の人が男の人を投げる柔術も有効だと思いますよ。

Q. ジソブさんの現在の体型は理想的でしょうか。
理想的ではないです。ふだんは健康のために運動をしますが、ドラマ出演が決まったら演じる役柄に体を合わせているんです。例えば「主君の太陽」では、体重は落とすけれど筋肉はつけませんでした。今回はトレーナー役ですから、スリムな肉体美を目指しました。そしてそれを胸や背中で表現するように努めました。僕はいつも75〜78kgをキープしていて、役柄で体をしぼるときは70〜72kgにします。でも今回は、もう少ししぼりましたね。

Q. ドラマの見どころ、視聴者にメッセージをお願いします。
気楽に楽しんでもらえるドラマです。健康的で、愉快で、幸せな気持ちにさせられると思います。そして眠っていた恋愛の細胞が目を覚ますはずです。肩の力を抜いて、見ていただきたいです。

 

ソ・ジソブ日本公式FCサイト:http://www.ji-sub.net/

ソ・ジソブ主演「オー・マイ・ビーナス(原題)」
CS衛星劇場にて 4月15日(金)より放送スタート!
毎週(金) 夜11:00〜(2話連続放送)
[再放送]翌週(木)昼1:30〜(2話連続放送)http://www.eigeki.com/special/hanryu_drama_sengen

WOW!korea提供

2016.04.06

blank