ヘリ(Girl’s Day)、共演する先輩俳優チソンからの“力になった”アドバイスとは?

ヘリ(Girl’s Day)、共演する先輩俳優チソンからの“力になった”アドバイスとは?

韓国ドラマ「タンタラ」に出演するヘリ(21)が俳優チソン(39)へ対する感謝と信頼を示した。

ヘリ(Girl’s Day)はSBSの新水木ドラマ「タンタラ」(脚本:ユ・ヨンア/演出:ホン・ソンチャン、イ・グァンヨン)でバンド「タンタラ」のボーカル、ハヌル(カン・ミンヒョク)唯一の保護者グリン役を担う。

これについてヘリは「わたしが演じるグリンは“バイトの達人”で、ハヌルの安全だけを考える熱血姉だ。さわやかで愉快な姿をお見せしたい」とし、「特に、グリンの責任感が強く明るい性格がわたしの実際の性格に似ているようだ。シンクロ率80点くらい?」とし、ヘリ自身の姿を見せるために“悩み中”であることを明かした。

続けて「実際、2歳離れた実弟とは友人のような姉だ。他の兄弟・姉妹たちと同じように弟と旅行にも行くし美味しいものを食べにも行く。グリンとはそんな部分が少し違う」と説明した。

またヘリは共演する俳優チソンとカン・ミンヒョク(CNBLUE、24)に対して強い信頼を示した。ヘリは「チソン先輩と一つの作品で出会えることが、わたしにとって感謝すべきチャンスだ。チソン先輩から演技について多くを学んでいる。特に、わたしへのアドバイス一つひとつが温かく力になっている」とし、「撮影を控えてチソン先輩に会ったのだが、『ヘリ、僕の目だけを見て演技しなさい。僕も君の目だけを見て演じるから』とおっしゃった。この言葉を聞いてチソン先輩の目を見たのだが、先輩が何を言おうとしていたのかわかった。先輩のこの一言が大きな力となっている」と伝えた。

また、ヘリはカン・ミンヒョクについて、「別の作品でも良い演技を見せてくれたので、今回も素敵な姿を見せてくれそうだ。歌手出身の演技者という共通点を持っているため、一緒に演じる上で互いに多くを理解し共感している。相性も合いそうで、共演シーンを待っている」と述べた。

最後にヘリは「『タンタラ』を通してわたしも知らないわたしの新しい姿を発見したい。優れたスタッフ、先輩方と共に良い作品に携われることとなり光栄だ。視聴者やファンに会えるのもうれしい。未熟な部分も多いが、一生懸命に努力して良い演技でグリンという役柄を視聴者にきちんと伝えたい」と意気込んだ。

韓国ドラマ「タンタラ」は来る20日、韓国SBSでスタートする。

WOW!korea提供

2016.04.06

blank