「情報」【連載】第1回 ヒボン式かんたんハングル

57c9b5fb2f323f7e703cbf0719c71180

 

日本語の知識を活用してハングルを覚える!

日本語とハングルは共通点がとても多いです。象徴的なのは、多くの漢字の読み方が似ているということ。こうした共通点を生かせば生かすほど、ハングルはみるみる上達していきます。「ヒボン式かんたんハングル」とは、「日本語の知識を活用してハングルを覚える」ということです。

この連載では、康熙奉著作「ヒボン式かんたんハングル」からピックアップした驚きのハングル習得法をご紹介します。

では、実際に日本語とハングルの共通点を見てみましょう。

 

1.漢字1文字の比較

漢字を読んでみると、なんとまったく同じ!

最初に5個の漢字を例に出してみます。

無 未 都 古 詩

おなじみの漢字ばかりです。

それでは、順に読んでみましょう。

ム ミ ト コ シ

このような読み方になります。

でも、私は日本語で読んだわけではありません。

実は今、ハングルで読んだのです。それなのに、日本語で読んだのと同じ結果になりました。不思議ですね。

それは、何を物語っているでしょうか。

先に紹介した4個の漢字は、日本語もハングルも読み方がまったく一緒でした。

さらに、4つの漢字を出してみましょう。

句 加 気 機 魔

これをハングルで読むと次のようになります。

ク カ キ キ マ

こちらも、日本語とハングルの読み方が一緒です。「機」や「魔」のように、画数が多い文字も読み方がまったく同じなのです。

こういう例はいくらでもあります。
(2ページにつづく)

2018.12.08

blank