「コラム」第4回 兵役解説/超新星ゴニルが行く部隊とは?

DSC_9897
除隊まで第3師団になるのか

このところ、ユナクとソンジェを除いた超新星の4人の兵役入りがとても気になっていた。
超新星の所属事務所によると、“末っ子”のゴニルが4月26日に兵役入りするという。入隊する場所は江原道(カンウォンド)・鉄原(チョロン)の訓練所。ということは、陸軍・第3師団に入ることになる。
「かなり厳しい部隊に入ったなあ」
そういう印象だ。
陸軍に入隊する場合は、韓国中部の論山(ノンサン)にある陸軍訓練所で新兵訓練を受けることが非常に多いのだが、ゴニルの場合は、第3師団で直接新兵訓練を受けることになる。
第3師団は韓国の軍隊の中でも勇猛な歴史を誇る伝統的な師団であり、自分のところにしっかりした新兵訓練所を持っている。
ここで新兵訓練を受けると、そのまま第3師団の配下の部隊に所属することが圧倒的に多い。
ということは、ゴニルが第3師団で新兵訓練を受けると、除隊まで第3師団で軍務に励む可能性が高くなる。
率直に言って、「かなり厳しい部隊に入ったなあ」と即座に思ったのには2つの理由がある。

5d6e3b1dd1694c7531750996e5e9094a冬の寒さに耐えることが肝心(写真/韓国陸軍公式サイトより)

ひたすら寒さに耐える

理由の1つは、第3師団の立地だ。
部隊があるのは江原道の鉄原である。
ソウルから見れば、直線距離で北に80キロメートルほどの場所にあるが、立地は軍事境界線のすぐ南である。私も鉄原に行ったことがあるが、まさに最前線といった感じの場所だ。
冬はとにかく寒い。
鉄原で歩兵をしていた人に聞くと、冬は零下30度になり、風が強いと体感温度はすぐに零下40度以下になるという。警戒勤務(歩哨)に出るときの寒さは言葉に言い表せないそうだ。
もう1つの理由は、第3師団が有名な勇猛師団だということだ。鉄の結束を誇ってきた伝統があるだけに、規律も厳しいことが予想される。最近の韓国の陸軍は、兵営文化の改善で、昔のようなことはなくなっているのだが……。
厳しい指摘をしたが、ゴニルも第3師団で立派に兵役を全うすれば、男性として自信がつくし、その後の人生にもきっといい影響がある。もし彼が第3師団に入ったならば、心から健闘を祈りたい。

(文=康 熙奉〔カン ヒボン〕)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

2016.04.05

blank