「取材レポ」今最も旬な3組が共演!次世代を担うK-POPアイドルLU:KUS、HIGH4、HOTSHOT「K-POP Special Live 2016~spring party~」開催!

DSC00456HIGH4

K-POP アイドルグループLU:KUS、HIGH4、HOTSHOTの3組が4月3日(日)、東京・代官山UNITにて「K-POP Special Live 2016~spring party~」を昼夜2回公演で開催した。

オールスタンディングの会場はファンの熱気に包まれた。
1部公演の最初のステージを飾ったのは、6人組ヒップホップグループHOTSHOT。2014年10月に「Take A Shot」で韓国デビューしたHOTSHOTは、2015年4月にリリースされたファーストミニアルバム「Am I Hotshot?」で韓国のみならず日本でも注目を集めた。

DSC00254

HOTSHOT

DSC00269

ジュンヒョク、ソンウン、ユンサン、ホジョン、ティモテオ、KID MONSTERが黒を基調にしたストリート系の衣装で登場すると、大歓声の中、「I’m a HOTSHOT」でパワフルなパフォーマンスを披露。「まだ日本語が…」と言いながらもメンバーは一生懸命日本語でMCを行い、柔らかなナンバー「Midnight sun」や、デビュー曲「Take A Shot」など緩急あるステージで会場を沸かせ、「We are HOTSHOT!ありがとうございました!」と元気に手を振ってステージを後にした。

DSC00275

LU:KUS

MCのヒョンギの進行で、2組目は2016年2月に「Break Ya」で日本デビューし、人気を集めている平均身長184.6cmの韓国最長身アイドル5人グループLU:KUSが登場。黄色い歓声があがる中、容姿端麗、モデルのようなスタイルのチョイ、へウォン、ドンヒョン、キョンジン、ジンワンの5人は白シャツに黒のパンツ、細いタイなど男らしさとセクシーさを感じさせる衣装で「So Into U」「Braek Ya」を2曲続けてダイナミックに繰り広げた。

鳴り止まない歓声の中、「初めまして!僕たちはLU:KUSです!」とあいさつ。チョイが「次のステージは僕が作詞作曲した曲、皆さん聴いてください」と紹介すると「美しい」を披露。ファンのかけ声もバッチリ決まり、長い手足を活かしたステージでファンを魅了した。
チョイは日本デビューできたこと、そしてファンへの応援に感謝を伝えると、今後の活動について「これからも僕たちのスタイルの音楽をいっぱい創ります。皆さんご期待ください!」と意気込みを伝えた。

DSC00291 DSC00335

ミラーボールが輝く中、5人のハーモニーが美しい「星」熱唱すると、スタンドマイクを使ったナンバー「男は愛を忘れられない」では大人の色気を感じさせた。曲の最後にへウォンが歌いながらキョンジンのネクタイをセクシーに掴むような仕草を見せると、二人のやりとりに会場は大興奮。
チョイは「僕たちを応援してくださってありがとうございます。これからももっともっと有名なLU:KUSになります!」と宣言し、最後は客席と一緒に盛り上がれるアップテンポな楽曲「大変だ」でファンとのステージを楽しんだ。


DSC00456HIGH4

トリを務めたのはK-POPアイドル界でも抜群の歌唱力をもつ4人組グループHIGH4。2015年2月にリリースした日本デビューアルバム「HIGH FIVE」がタワーレコードアルバムランキング8週連続 TOP10 にランクインした実力派。スクリーンにHIGH4の映像が流れるとファンの熱気も否応なしに高まる。白いジャケットやスカジャンなどそれぞれの個性に合わせた衣装で登場したソング、ミョンハン、アレックス、ヨンジュンは、ダンサーを従えて1曲目から「D.O.A(Dead or Alive)」の力強いステージで会場を盛り上げ、「いきましょうか!」と煽ると、続けて「Baby Boy」で客席をメロメロにした。
それぞれ自己紹介の後、ソングは客席を見渡しながら「やっぱり皆さんの顔をみたら力が出ますよね」と笑顔を浮かべた。ヨンジュンも「ファンの皆さんが会いたがってくれたから、僕たちもすぐに戻ってきましたよ!」と言うとファンも大喜び。
この季節にぴったりの、歌手IUとコラボしたデビュー曲「春、愛、桜じゃなく」や、男の魅力溢れるキム・イェリムとのコラボ曲「もっと近くで…」などの楽曲でファンをうっとりさせたかと思えば、「True Love」や「Day By Day」などの代表曲でHIGH4ファン以外のハートもがっちり捕獲。

DSC00572
ミョンハンは「最近、作曲活動に力をいれているところです」と近況を明かし、ソングも「5月についにミニアルバムが出ます。期待してください。HIGH4のエキスが全部入っているアルバムです」と自信を覗かせた。
「バンバンバン」では「Jump!Jump!」とファンを煽り、アップテンポなアニメのテーマソングも楽しそうに熱唱したHIGH4。ステージと客席が一体となり、ハイテンションのまま一気にクライマックスへ。
「もう最後ですよ」と言うソングに名残惜しそうなファン。ヨンジュンが「HIGH4に会いたいという人が一人でもいる限り、僕たちは必ず戻ってきます」と伝えると、客席から感激の声と拍手が沸き起こった。
MCでは抜群の日本語力とユーモアセンスでファンとのやりとりを楽しんだHIGH4。最後は「君がいないだけで」で、Spring Partyのトリにふさわしい圧巻のパフォーマンスを見せつけた。
終演後はハイタッチで来場者全員に感謝を伝えたHOTSHOT、LU:KUS、HIGH4。次世代を担う3組の夢の共演は、熱気を帯びたまま幕を閉じた。実力と人気を兼ね備えた勢いのある3組。それぞれの次のステージが楽しみだ。

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

写真:(C)35plus

★HIGH4
HIGH4 日本公式ファンクラブ(http://high4.jp/

★LU:KUS
LU:KUS (http://hy-ent.com/)

★HOTSHOT
HOTSHOT JAPAN OFFICAL SITE(http://hotshotforever.jp/)

2016.04.05

blank