リュ・ジュンヨルが初ファンミ開催、父からの手紙に感涙

リュ・ジュンヨル

俳優リュ・ジュンヨルが初めてファンミーティングを開催した。

リュ・ジュンヨルは2日、延世大学大講堂で行われた「2016リュ・ジュンヨル ファンミーティング」で3200人のファンと忘れられない大切な時間を過ごした。

リュ・ジュンヨルはファンと共にトークから理想のタイプワールドカップなどさまざまなゲームをしたり、ファンへの歌のプレゼント、サプライズダンス、愛用品プレゼント、直筆手紙の朗読などのファンサービスで楽しいひと時を送った。

リュ・ジュンヨルは毎瞬間感激した。少し震え、緊張した様子でキム・ドンリュルの「古い歌」を歌いながらステージに上がったリュ・ジュンヨルに、ファンは会場中に響き渡る大歓声で迎え、感激したリュ・ジュンヨルは「こんにちは、皆さんのリュ・ジュンヨルです」とあいさつした。

彼の初めてのファンミーティングを祝うため、ファンはケーキと共に、「一緒に歩もう 長く長く」「Always be with RYU」と書かれたプラカードを持ち、リュ・ジュンヨルのために歌を歌った。ファンのサプライズイベントに感激したリュ・ジュンヨルは、コーナーごとに胸いっぱいに感情が込み上げていた。

また、リュ・ジュンヨルは普段から「皆さんからもらった愛をどのように返せばいいのか悩んでいる」と話しているが、ファンもリュ・ジュンヨルからもらった気持ちを寄付という形で返した。会場には韓国はもちろんタイ、台湾、インドネシア、香港ファンが寄付した5トンを超える米や飼料花輪、自転車100台寄付花輪などであふれていた。

感動もいっぱいだった。ファンはリュ・ジュンヨルの惜しみないファンサービスに感動した。リュ・ジュンヨルは“ファンバカ”らしく、ファンのため全てをしてあげ、会場を感動の渦に巻き込んだ。リュ・ジュンヨルは「歌やダンスなど普段は絶対に考えもしないこと。でも、きょうは本当に“ファンが望む全てのことをしよう”という覚悟で、自分がプレゼントにならなければいけないという気持ちで来た」と明かし、ファンのリクエストに積極的に応じた。

リュ・ジュンヨルは父からの心のこもった激励やアドバイスが詰まった手紙を読み、涙を見せる一幕も。手紙は「最近数カ月、有名になり人気を博しているが、思ったより毅然と、賢明に対応しているのを見て、むしろ父が驚いた。末永く返そう」という言葉で始まり、父親はリュ・ジュンヨルに対し、初心を忘れないこと、俳優としての本分を忘れないこと、愛してくれるファンの感謝を胸に刻むことを求めた

2016.04.03

blank