「コラム」日本と違う韓国のビックリ/第9回/祭祀は一族の結束を固める

 

先祖の祭祀があまりに多い

数年前に済州島(チェジュド)で祖父の祭祀に出たことがある。

日本以上に盛大にやっているのかと思ったら、意外と質素だった。集まる親族も少なかった。「なるほど」と納得がいった。

韓国では1970年代から当時の朴正熙(パク・チョンヒ)政権の肝入りで、冠婚葬祭の簡素化が推進されてきた。

結婚式にしろ葬式にしろ、借金をしてまで大げさに行なうことが多かった韓国。それがいかに家計を苦しめる原因になっていたか。特に、先祖を供養する祭祀の数は非常に多く、しかも身分不相応なくらいに費用をかけすぎる家が多かった。その結果、「農村の近代化をはかるためにも、冠婚葬祭の簡素化が必須」というのが1970年代以降のお題目になった。

しかし、在日コリアンの家庭にまで、その声は届かなかった。むしろ異国にいる人たちのほうが、本国の伝統をしっかり守ろうとする傾向が強い。我が一族も、冠婚葬祭の簡略化などハナから思っていない。父に教えられた通りに、今も先祖の祭祀を続けているのである。

それにしても、「孝」こそ最高の徳目と考える儒教思想が深く根づいている韓国では、祭祀の数があまりに多すぎる。私は父から「本来なら五代前までさかのぼって先祖の祭祀をしなければならない」と教わったことがある。

そんなことを数百年にわたって行なってきたと聞くと、「子孫は先祖の墓を守り、数多い祭祀を行なうために存在するのでは?」と思っても不思議はない。

ただ、祭祀は面倒なだけではない。親族がひんぱんに集まる機会があるので、そこで一族の結束を実感できるのだ。韓国が未だ強烈な家族主義の国であるのは、あまりに多い祭祀が大いに関係しているに違いない。

(文=康 熙奉〔カン ヒボン〕)

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

 

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本と違う韓国のビックリ(2)

これは便利!韓国は出前天国

2017.10.18

blank