俳優パク・ヘジン、キム・ウォンソク脚本家を信頼して「マンツーマン」確定!(公式的立場)

article (1)

俳優パク・ヘジンが、「マンツーマン」に出演する。
パク・ヘジンの所属事務所は、29日に報道資料を通して「パク・ヘジンが最近、JTBCの新しい金土ドラマ『マンツーマン』の出演を最終的に決定した」と明らかにした。
事務所サイドは、「マスコミを通して報道されたように「マンツーマン」は、KBS2の『太陽の末裔』の共同執筆を担当しているキム・ウォンソク脚本家が準備中の作品で、パク・ヘジンは最近キム脚本家と出会って深い対話をした」と説明した。

そして「現在、シノプシスとシナリオを受け取って、期待以上のキャラクターを公開出来るという判断の下に意気投合する事にした。また、製作社の製作力とキム・ウォンソク脚本家に対する高い信頼で、次回作に『マンツーマン』を選択した」と理由を明らかにした。
「マンツーマン」は、トップスターの用心棒になる多芸多才でミステリアスな男と彼に関わる事件を解いていく過程を描いたドラマで、パク・ヘジンは劇中で用心棒であり多芸多才な能力を持ったミステリアスな男主人公を演じる。

2016.03.29

blank