「取材レポ」MADTOWN “歌にダンスにバク転も飛び出す7人の魅力が炸裂!” 「Spring Special Live Welcom to MADTOWN」大盛況!

DSC_1459

昨年12月に日本初の単独公演とファンミーティングを成功に終わらせたMADTOWNが、更に成長した姿で3月19日東京・新大久保のK-stageO!に帰ってきた。
この日、「Spring Special Live Welcom to MADTOWN」と題し、単独ファンミーティング&ライブを昼・夜の2部構成で開催。
午後6時にスタートした2部のライブではアンコールを含め全16曲の歌とダンスでファンを魅了。

オープニングでメンバー紹介の特別映像が流れると、待ちわびたファンたちからは黄色い歓声があがり、舞台の端からは赤と白で統一された衣装をまとった7人のメンバーが登場。
「MADTOWN」「NEW WORLD」「OMGT」と立て続けに披露すると開始直後からファンを熱狂させた。

DSC_1743 DSC_1761
熱いステージを届け、息をきらしながら自己紹介と今日の意気込みを語るメンバーたち。デウォンは「みなさんとこんなに(ステージとの距離)が近いから胸がドキドキしています。最近、日本語を勉強しています。ちょっと難しいです」と、はにかんだ笑顔をみせると、会場からは「おぉ~」と感嘆の声が上がった。
またBUFFYの「みんな、おめかししたんだね~」というあいさつでは会場のファンたちの大きな笑いをさそった。
そして「Are you ready?さけべー」という掛け声とともに、さらに白熱したステージを展開。
Pro Cユニットでのステージ、しっとりとしたバラードやカバー曲を披露すると会場は盛り上がりをみせた。
曲の合間では、汗をぬぐう姿や着ていた衣装の袖を半分脱いだ姿もみせ、会場を沸かした。
MOOSとBUFFYが歌う「Me you」では、会場にいたファンたちも一緒に口ずさむなど一体感を感じるステージを披露した。

DSC_1734 DSC_1726 DSC_1719

中盤になると、舞台には一本のギターと椅子が用意された。「はじめてのファンミーティングの時におみせした舞台です、誰がでてくるかわかりますか?」というメンバーの問いかけにファンたちも期待の声をもらした。そしてステージからは、イゴンとH.Oが登場した。
「『By my side』は亡くなった友人に捧げる曲です」と紹介をすると、会場は一斉に静まりかえり、H.Oのギターの音色とイゴンの優しい歌声を聴き入った。
ユニットでのステージを終えると再び、メンバー全員が登場。
個性溢れる感動的なユニットのステージに「どのユニットがよかったですか」とメンバーが問いかけるとファンは思い思いの声をあげた。

DSC_1628 DSC_1613 DSC_1605
会場の熱い反応に「7人全員がそろっている時が一番ファンのみなさんが喜んでくれていますね」というと「そうするとPro Cはなくなっちゃうの?」と突っ込むメンバー。
「じゃあ、今度は二人でファンミーティングをやろう」など冗談を言い合うメンバーの様子に会場は温かい雰囲気に包まれた。

DSC_1682
ライブ終盤に差しかかり、事務所の先輩であるMBLAQの「Oh Yeah」を披露するとセクシーなダンスステージで、新たな大人な一面をみせる場面も。
また「What’s Your Number?」「Yolo」ではキレのあるダンスとジョタのバク転も飛び出し、そのアクロバットなパフォーマンスに、会場の歓声と応援はピークに達した。
会場の熱気に服の袖をまくり上げて腕をみせたり、時にはお腹を見せるメンバーのファンサービスにファンも大興奮。
エンディングの時間が近づき、最後にメンバー一人ひとりから感想が述べられた。

DSC_1541 DSC_1521

「今日は歓声が一番大きかったです!」とMOOS。

ジョタのコメントでは、レポーターの真似をしてマイクを集めるメンバーたちのボケにしっかりと応え、最後まで笑いをさそっていた。
「暑いから汗を流しているんじゃなくて皆さんに愛と熱気をもらって汗をかいているんです」とイゴン。「次はもっと大きなところでライブをやりたいです」「またコンサートをして会いましょう」と呼びかけるメンバーたちに、ファンからは大歓声と拍手が送られた。
ホジュン、イゴン、ジョダ、MOOS、BUFFY、デウォン、H.O、メンバー7人の歌とダンスは確実に成長をとげ、日本のファンの心をわしづかみにした。

DSC_1496 DSC_1489 DSC_1482 DSC_1476

さらにグレードアップをした姿をみせてくれると約束をし、MADTOWNは「また会いましょう!ありがとうございます!みなさん愛してる~!」と大きく手をふり舞台を後にした。
約1時間半に及ぶライブは、最高潮のまま、幕を閉じた。
ライブ終了後にはメンバー全員がハイタッチでファンをお見送り!
会場でエコバック購入者には特典として、メンバー全員とのハグ会も開催され、ファンとの楽しいひとときをすごした。
MADTOWNは同公演を大盛況で飾り、次回名古屋公演への期待感を高めた。

 

取材Korepo(KOREAREPORT INC)

 

◆2016年3月21日(月・祝)名古屋公演 会場:RED HALL
一部「Spring Special Fan meeting」 開場:13:00 開演13:30
二部「Spring Special Live」開場:17:30 開演 18:00
http://www.japankorea.org/madtown_spring_live_info

◆MADTOWN IN JAPAN Special DVD 「THE FIRST STORY」発売!!
特典つき特別限定発売(数量限定)

日本初登場した「Special KMF 2015 in YOKOHAMA」、日本初単独ファンミーティング&LIVE「The First Date!♡Show The MADTOWN」、「第67回さっぽろ雪まつり K-POPFESTIVAL2016」なども収録!

Disc1:STORYⅠ MADTOWN HISTORY / MADTOWN SELF CAMERA
Disc2:STORYⅡ TOKYO STORY
Disc3:STORYⅢ The First Date! SHOW THE MADTOWN2015
Disc4:STORYⅣ SAPPORO STORY / The 67th SAPPORO SNOW FESTIVAL 8th K-POP FESTIVAL2016
Disc5:STORYⅤ Special KMF2015 in YOKOHAMA / OMGT Special Day M/V
メンバー全員のショット・個別ショットを綴った5ページ「フォトブック」付き!!
販売価格:8,800円(税込)
http://www.japankorea.org/madtown_dvd

2016.03.20

blank