VIXXレオ、“VIXXのカムバックステージより緊張した”「覆面歌王」

article (2)

人気アイドルグループVIXXレオが、「覆面歌王」への出演でで緊張したと打ち明けた。
VIXXレオは、13日午後4時50分から放送されたMBCの「僕らの日曜の夜-覆面歌王」では、「フンブの歌、開いた口が塞がらない」の覆面を脱いで正体を公開した。
レオは、「デビューして初めての感情でした。ふさがれたようで息苦しかったです。VIXXのコンセプチュアルな姿をお見せして、VIXXは歌も音楽も良いということをお見せしたかったです」と出演の理由を語った。

ステージから降りたレオは、「とても残念でもありますが、軽くなった気がします。普段から、コンセプトを上手く見せるのが重要だと思って来ましたたが、顔を覆って声だけでアピールすると言う発想に、VIXXのカムバックステージよりも緊張して震えました。新しい森をひとつ占領した感じです」と、ユニークな感想を述べた。

2016.03.13

blank