WINNERナム・テヒョン、本物のオオカミのようだった!「俳優学校」

사본 -201603110101775321_56e19acc4ca9102

人気アイドルグループWINNERのナム・テヒョンが、スポンジのような吸収力でキャラクターをこなして、見守る視聴者を引き込んだ。演技が何かも分からなかった彼が、日を増すごとに発展する様子を見せている。俳優パク・シニャンが提案した動物の観察の授業で怒ったオオカミを表現して驚かせた。
10日の午後から放送されたtvNのバラエティ「俳優学校」で、ナム・テヒョンは一緒に授業を受けているメンバーたちと動物園に行って来た後、動物の観察をして演技を公開した。

この日、それぞれのメンバーは各々3種類の動物を表現し、オオカミは共通のテーマだった。ナム・テヒョンが、カリスマでメンバーを圧倒して全ての視線を自身に集中させた。放送後、視聴者も書き込みを通して「みんな上手でしたが、特にナム・テヒョンのオオカミの演技は素晴らしかった」と称賛を惜しまなかった。
ナム・テヒョンは、観察したオオカミの群れの中で一番荒々しくて権力欲が強いオオカミに扮して演技を始めた。ひざまずいて、他のメンバーに飛びかかって強いパワーをアピールした。

彼の積極的な様子にあっという間に数人の仲間が当惑し、彼はそれをものともせずまるで自身が本当のオオカミであるかのように渾身の演技を展開した。オオカミの演劇は絶頂に達し、ナム・テヒョンは荒い息を吐きながら演技に没頭した様子を見せた。本当に驚くべきメソッド演技だった。

2016.03.11

blank