人生初ドラマ挑戦のジュノ(2PM)、「現場で多くを見て学んでいる」

ジュノ 韓国新ドラマ「記憶」で初めてドラマに挑戦する「2PM」ジュノが、心境を明かした。

ジュノ(2PM)は10日午後、ソウル市内でおこなわれたtvN新金土ドラマ「記憶」で、「ドラマ撮影現場で、先輩方の撮影をモニターで見ながら多くのことを学び、感動している。僕にとって大切な”記憶”となるドラマであり、視聴者の方々にも記憶に残る作品になることを願う」と語った。

劇中ジュノは、エリート弁護士チョン・ジン役を担う。チョン・ジンは温かな魅力をもつ人物で、事務員のホン・ソンファ(ユン・ソヒ扮)と甘いロマンスを繰り広げる予定だ。

一方、ドラマ「記憶」はアルツハイマーの宣告を受けた弁護士パク・テソクが、残りの人生をかけて最後の仕事、そして人生の大切な価値を家族愛と共に描く作品。来る18日、韓国tvNにて初放送される。

WOW!korea提供

2016.03.10

blank