Girl's Dayヘリが髄膜炎、現在入院治療中

ヘリ

Girl's Dayのヘリが風邪の症状を伴う高熱と頭の痛みで、病院の救急室を訪れたところ、髄膜炎と診断された。
6日、所属事務所の関係者はOSENに「ヘリが精密検査の結果、髄膜炎と診断された。現在、入院しており、数日間治療を受ける予定」と明かした。
所属事務所の関係者によると、ヘリはこの日午前9時ごろ、高熱と頭の痛みを訴え、急いで近所の大学病院の救急室に行き、精密検査を受けたという。
ヘリは5日、ヒロインを務めたtvNドラマ「応答せよ1988 コンサート」に出演し、家でオフを取っていた。
所属事務所のある関係者は「ヘリが病院で高熱と頭が痛い症状を調べるため、精密検査を行っているところ。やむを得ず、きょうのスケジュールはキャンセルしなければならない。検査結果とヘリの健康状態によって、今後のスケジュールも調整していくことになるだろう」と伝えた。
続けて「多くの方に心配をお掛けし、申し訳ない。ヘリが早く全快できるようサポートしていく」と話した。
ヘリは「応答せよ1988」のヒロイン、ソン・ドクソン役を好演し、愛されている。

2016.03.06

blank